2010年2月26日金曜日

ECサイト検討中(2)

スポンサーリンク

楽天の有効性について。

楽天は経費がかかります。
makeshop等が無料で使えるプランがあるのに、最低価格でも30以上かかります。
しかも、楽天スーパーポイントの1%がのしかかってきます。


基本的に、原資は各お店の持ち出しなので楽天は痛くも痒くもありません。
消費者にとってはポイントはとても魅力的なため、店側としても対応せざる終えず強制徴収に反対は出来るはずもありません。
加えて、楽天で最も簡単に出来るセールス方法はポイント倍率の変動です。当然、その原資も基本的にお店です。

他にも、以前問題となった顧客情報の切り売りや決済方法の一方的な追加とさ削除。殺到しすぎるメール送信。複雑すぎるRMS操作等の問題が山積です。

ここまで書くと、楽天以外の方で試す方が良いと言う結論に達する事は往々にしてあります。
私自身、無理に楽天からECを始める事をおすすめできません。
まずはもっと安いところからECの作業を肌で感じるべきだと思います。
高機能で大規模の物から始めるメリットは、クライアントの規模やスキル、何よりも運営体制のよります。

この点で判断を誤ると、どんな方法であっても失敗する可能性が高くなります。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿