2010年3月1日月曜日

ECサイト検討中(3)

スポンサーリンク

今回は、ASPの利用について。

個人的には、利用に何ら反対ではありません。
ランニングコストは確かにかかるのですが、1からシステムを構築するよりリスクは減ります。


理由は、オーダーメイドで作られたシステムは、意外と使いづらいことが多いためです。
これは、事前の要件定義は不十分であるためです。
すべての制作会社がそうだとは言いませんが、クライアントの運営体制(人員・資材)やECの目的(本気でこれだけで売上を上げるのか、サブでやるのか、広告代わりなのか等)の把握不足です。

もちろん、クライアント自身がこの点を明確な問題として、認識していない為に起る事でもあります。説明しても要求が出てこない場合、クライアントの理解する姿勢の欠如が問題といえます。

上記の点から、どのように作ろうとも不満が出る可能性が高いと言えます。
そこで、まず始めに初期投資の低いASP(Maleshop等)から初めていろいろと経験をして頂きます。
その後楽天等の高機能サービスや独自のECプログラム構築に移行する方が結果的に良い方向に向かうはずです。
この時に拙速では土台が崩れやすく、案件は失敗する可能性が高まります。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿