2010年6月25日金曜日

広告はデザインに有益か?

スポンサーリンク

広告をデザインとして取り入れた方が有益かどうかについて考えてみます。
このブログでも広告表示はしていますが、もともとあまり広告バナー等が好きでは無かったので、最初は入れていませんでした。
なんと言うか、広告を入れるとデザイン的に邪魔に見えていましたし、何が表示されるかわからないのも嫌でした。
しかし、ブログに本腰を入れていじりだすと考え方も変わってきました。
最近では、今まで広告が嫌いだと思っていたのは、無料ブログのテンプレを使っていた事が原因だったように思っています。
実際どうなのかと言う事を、デザイン面から広告バナーの事を少し考えてみようと思います。


デザイン的な意味での広告バナー嫌いの実例


実例として挙げるのは、当然自分自身。
人様の事はわからないので・・・。

広告のどぎつい感じなど、どうしても馴染めない部分がありました。
特にこのブログでは、シンプル感を出そうとしていたから余計に広告なんてと思っていました。

広告が入るとどうしても意図したシンプルさ、ある意味では無機質さが出ないように感じます。
広告により色味が増えますし、バナーに動画的な要素があれば無機質ではいられません。

特に動画広告は目につきやすく、広告として目につくという意味では効果は高いでしょう。(クリック率が高いと言う事ではありませ)
しかし、視界の隅にでも入ってごちゃごちゃ動いているのを見ると目障りでなりません。
動画がメインのコンテンツであれば当然動いていないといけないのですが、文字だけの静的なページの場合には意図したところへ視線を誘導する事が難しくなります。

動的なものの視覚的な魅力が大きいのは間違い無いでしょう。

広告バナーはデザイン的に不必要か?


少し前まではどうしても前述のような考えが拭えませんでした。
無料ブログで無料テンプレをそのまま使っていた際に感じていたので、意外と根が深い思い込みだったよに感じます。
あの左右から迫るようなバナーやブログパーツの嵐には辟易としていたので。

しかし、今回のこのブログのようにいろいろ弄りだすと、その考えも変わってきました。

1つには、デザイン的にシンプルに統一しすぎると、その均衡を壊したくなるからです。
統制されたデザインはきれいでシャープで良いものですが、反面固すぎて面白みが無く、緊張を強いることが多くあります。
なんというか、閲覧者に疎外感を与えるというイメージなのですが・・・。
完全な空間には拒絶を感じるともいえます。

そんな疎外感や拒絶感をなくすため均衡を壊すには、ランダムに表示される広告はなかなか良いものだと感じます。

意図しない文字や画像が、意図した場所に表示されるからです。
いわば、統制された偶然性という要素です。

無秩序に詰め込まなければ、バナーや文字広告は有効なアクセントになり得ます。
無機質さを消す事なく統制の中に破綻を作り出す事も出来るはずです。

表示場所について


実際に導入する際、やはり表示場所は重要です。
どこにアクセントを置けばより映えるか、はあらゆる意味において大切です。

今回はデザイン面から考えていますが、本来の広告の用途は収入を得る為です。
収入を得る為にはクリックしてもらわなければならず、その為の大きさや位置が重要となります。

この実用面とデザイン面が共に満たされる位置と広告を実現できれば、最も良い結果が生まれるのではと思います。

尚、私は現在Google AdSenseのみですが、これだという場所にはたどり着いていません。
幅は、アドセンスの幅に合わしてみました。
メインとサイドの間隔を空けて、dottedeなラインを引いて気になっていたAdSenseのwidthとの違いが解消できたかと思います。
もっとも、この幅ですら統一するべきかどうか一概にはいえないのですが・・・。
ともかく今後もいろいろ試してみようと思います。

なお、あくまで現時点での結論です。
なまじ今まで嫌っていた分、ひいき目に見ている節もありそうですので結論自体変わるかもしれません。
求める程良い方向で破綻してくれるとも限らないので・・・。

スポンサーリンク

2 件のコメント :

  1. 収益化を検討するなら広告にあわせたサイトデザインは必要だと思います。僕はアドセンスはテキスト広告のみでしたけれど。

    アドセンスも進化しているので最近はクリックしそうになります(笑

    広告はデザインに有益かと問われたら、そうではないと思います。もっと最適化したものを自作すればいいので。

    おじゃましました。
    http://twitter.com/realmoshimo

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!

    アドセンス、そんなに進化してるんですね・・・。
    今までちゃんと見ていなかったので、変化がわかりません orz


    今回の記事で広告をデザインに取り込む意図は、破綻を取り入れたいという意図でした。
    最適化(それぞれのデザインにあったデザイン広告と言う意味でとらえてよいでしょうか?)してしまうと、偶然性による破綻が出来たいので意図と違うかなと思いました。
    イメージ的には、あえて利き腕でない腕で絵を描く感じです。
    ・・・・わかりづらいですね(汗

    アドセンスだけでもいろいろ有るなぁと、食わず嫌いを反省しているところですので、結果的にやはりデザインに有益ではないと言う結論に達するかもしれません。
    この点、加筆してみます。

    返信削除