2010年7月28日水曜日

MacでAvidemuxを日本語で使う際の覚え書き

スポンサーリンク

MacでAvidemuxを日本語で使う際の覚え書きです。

日本語で使える方法を探す為に、無駄に時間をかけてしまいました...。
同じ事を調べている人の事を考えて、簡単な覚え書きを書くことにしました。

普通に調べるとかなり時間かかりましたので、時間の節約にあれば幸いです。
もっとも、他の方は簡単に探せている可能性も高いのではありますが。



覚え書き


今回探したのは、動画のファイル変換や編集が出来るフリーソフト「Avidemux」です。
見た限りではAvidemuxは汎用性が高く、オールラウンダーな感じでした。

まず、問題点としてこの記事を書いている2010年7月現在では、最新版は2.5.3です。
そして、コレには日本語に出来るすべが無いようでした。

いろいろ調べると、過去のバージョンのAvidemuxならいけるようだと判明。
winだといろいろと情報があるのですが、macだと数が激減します。
探した際の具体的情報には、

  • avidemux_2.4.4_QT4_universal.dmg

がいるとの事。
しかし、そのありかがわかりませんでした。
Avidemuxの配布元のサイトでは最新版のみの配布しか確認できず、古いバージョンへのリンクを見つけられませんでした。
英語を訳する精度とスピードが遅い事が仇となった気もします。

そうこうするうちに、何とかその過去のバージョンをダウンロードする場所を発見。


何の事はない、Avidemuxの最新版がダウンロードできるダウンロード用のサイトと同じサイトでした。
最初からここで検索しておけばと思いますが、後の祭りでした。

実際にAvidemuxの日本語版を使う為の方法はとても簡単です。
上記のサイトから上記のファイルをダウンロードするだけ。

ファイルを実行すれば、自動的に日本語で表示されます。

少し中を見てみましたが、全部が全部日本語化されている訳ではなさそうです。
Avidemuxの初期の画面では日本語ばかりなので安心感はあります。
しかし、各種機能の画面等に行くと日本語でない部分も出てきます。
大概は単語を読めば分かりますので、恐らく大きな問題は無いでしょう。

ただ、まだどういう理由かは分かりませんが、突然勝手にソフトがクローズして、再起動をかけた際には英語で表示された事が一度だけありました。
そもそも勝手にクローズするのも困るのですが、Avidemuxはフリーのソフトですし文句は言えません。
日本語化も「出来る」だけで、完全日本語対応ではない点も、文句は言えません。

文句を言いたい場合は、有料のソフトを買いましょう。
その方が日本語対応の有無をちゃんと選べますし、安全で安定性が高いはずです。

以上、簡単な覚え書きでした。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿