2010年7月14日水曜日

ブログパーツ「zenback」を入れてみた。

スポンサーリンク

ブログパーツ「zenback」を入れてみました。
もともと関連ナビゲーション目的で探していて、このサービスを知った次第でして。

その時はクローズドでの申込みで、本日使えるようになりました。
8月頭頃まで、徐々にユーザーを増やすそうです。

なお、このブログには先日関連ナビゲーションを付けたところですが、ともかく入れてみて様子を見ようと思います。



zenbackとは


zenbackとは、ブログ等の記事個別に対して、関連記事や関連リンク、関連ツイートや関連はてぶ、更にはアクセス元まで表示してくれるサービスです。
ここまでそろっていて、javascriptが追加できるブログであれば利用可能というのはとても便利です。

zenbackの詳細な特徴などは、下記の公式サイトをご覧下さい。

なお、現在zenbackはベータテスト中でかつ徐々にユーザーを増やすそうなので、即日使える訳ではない(と思います。現在でも)点は理解しておいてください。

「申し込んだのにすぐに反応がない!」

とかは、ご勘弁を。

公式サイト:
zenback(http://zenback.jp/)

bloggerでの導入方法


念のため、bloggerでの導入方法を。

といっても、blogger特有の方法あの方法でOKです。

ブログの設定画面でデザイン>ページ要素選択し、ガジェットの追加を選択。



指示されたタグを貼付けて完成。
このガジェットを入れた位置が表示位置になるので、お好きなところに移動してみて下さい。
サイドバーもいけるようですので。

なお、一点重要な事があります。
そもそもこのzenbackはRSSを出していないと機能しません。
大概のブログサービスでは大丈夫だと思いますが、念のためご注意ください。

追記:
zenbackで記事の内容を分析し関連性を求める際の精度をあげる方法を紹介しているサイト様がありますので、ご紹介しておきます。
参考としてどうぞ。

感想:良い点


結論からいえば、やはりこのzenbackは良いですね。

簡単に追加できますし、表示項目の種類を選べるのでそれぞれのサイトにあった使い方が出来そうです。
表示件数もいくつかの選択肢から選べますし、その点も使いやすいです。

アクセス元が表示されるのも面白いです。
なんと「20ミリ秒前」みたいな表示も出てきますし。

ツイッターの表示は、その記事に関連しているツイートがわかって流れが追いやすいです。
もっとも、このブログのようにツイート欄が閑散とする危険性もある訳ですが...。
何も無いと少々へこみますね。

関連リンクは人によっては不要かもしれませんが、個人的にはOKです。
ハブ的な感じで記事が有効に利用されるのは、私としてもメリットがあるので。
もちろん、素通りはきついですが、利便性と言う意味では良いと思います。
外への道があることが、入りやすさの要因になるはずですし。
なお、管理画面からブラックリストも登録でき、表示したくないリンクを表示させないように出来ます。
結構重要な機能ではないでしょうか?

何より、個別の記事対してコレだけの情報を表示してくれるのは便利ではないでしょうか?
ブログの構成単位である各ページに対するサービスである点が光ります。
ちなみに通常のWEBサイトにも使えるそうで、その際は特定のタグを使う事で「ここからここまでの情報を元に」と選べるようです。

感想:困った点


zenbackにはいくつか困った事もあります。
まだちゃんと時間をとってデザインを弄れてないせいもあるので、その点が大きな要因だとはおもいますが。

まず、背景白の所じゃないと手を加えないといけません。
白が多いからと変えたところなので、なんというか...裏目に出ました。
個別の画像パーツも背景は白を基本にしているので、その点でも白地のブログへの導入をおすすめします。

全体的なデザインがどちらかと言えば明るくPOPよりな感じなので、方向の違うブログやサイトにはむかないかもしれません。
画像でつくられたパーツのデザインパターンも選べると、さらに導入しやすくなるのではないでしょうか?
または、出来る限りプレーンな形でzenbackの表示項目を出して、後はCSSでカスタマイズとか。

あと、地味に困るのがアクセス元を表示する機能です。
管理画面から出来を確認しつつ移動を繰り返すと、それが全部記録されます。
私の場合管理画面のプレビューはあてに出来ないので、どうしても更新後のブログにアクセスして確認しなければなりません。
表示するにしても、同一アドレスのものは並べて表示しなくてもいいと思うんですが...。
この点、関連リンクと同じようにアドレスを登録して管理出来れば助かります。

追記:
アクセス元の表示は、一定期間保存とかではないようです。
24時間前とかのアクセスが表示されることもありますが、ブラウザを閉じてしばらくしてから立ち上げたりすると消えてました。
いまいち挙動がわからないのですが、一度表示された情報がずっと残ルわけでない事は確かなようです。

現在は表示速度を上げる為に、表示を切っています。
zenbackの部分の表示が、全体の表示速度を落としている可能性もあるので。
パフォーマンスがあがるかどうか試しています。



結論


現在はzenbackを入れたところですので、実際の動きを見て何かあればまた書いて見ようと思います。
やはりzenback導入の効果としては、他のページへの移動が増えることを望みたいですし。
もっとも、関連記事への移動であれば画像が表示される分「LinkWithin」の方が有効かもしれませんが。
ただ、他サイトへの関連リンクがある事は魅力的な気もします。

関連リンクでお困りの方にはzenbackの導入をおすすめします。
機能を絞った使い方も出来ますし、利便性も高いかと。

上にも書きましたが、現在(7/14現在)ベータテスト中ですのでご利用の際は下記のアドレスから申し込み、いくらか待つ必要があるかと思います。
カリカリせずに、ゆっくりと待つ事をおすすめします。

公式サイト:
zenback(http://zenback.jp/)

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿