2010年7月19日月曜日

zenbackの効果(途中経過)

スポンサーリンク

先日導入したzenbackの効果を見てみます。
導入したのは数日前(7/14)なのでまだ何とも言えないとは思いますが、明らかな点もありますので。

zenbackについては公式サイトをどうぞ。
現在はベータテスト中です。
以前に書いた事と今回の記事をふまえて導入をおすすめできます。
もちろん、同種のサービスがあればそちらでも良いのですが、現状ではベストかなと思います。

公式サイト:
zenback(http://zenback.jp/)



zenbackに期待した効果


zenbackに期待した効果は、ブログ内で関連リンクの役割を果たす事。
関連リンクの効果として求める結果は、平均ページビューの増加です。

結果はと言うと、さすがに期間が短いので何とも言えませんが、導入前と後を同じ日数で見てみると総数として5%ほどあがっていました。
ただし、絶対数が少ないのでとても効果ありとは言えない状況です。

反面、過去の記事へのアクセスはやや増えたように思います。
ページビューでの計測は全体量ですが、細部をみると動きがある感じです。

zenbackの大きな効果


大きな、と言うと言い過ぎなのですが確実な効果もあります。

現在zenbackは多少なりとも話題になっており、導入をし始めたサイトが増えたように思います。
zenbackの関連リンク(外部へのリンク。ちなみに内部の記事へのリンクは関連記事)はzenbackの導入サイトが表示されるようなのでソースはどんどん増えています。

ソースが増えると言う事は、このブログの情報が表示される範囲も広がる訳で、ここにメリットが生まれます。

こういうリンクはSEO的にあまり意味はないと思いますが、数が増えればごく少量の効果はあるでしょう。
しかし、大きな効果というのはSEO的な意味ではなく、SEM的な視点での話です。

前置きが長くなりましたが、以下が効果の内容です。

  • 他ブログからの流入が増加する

つまり、自然リンク的な効果が出てくる訳です。
1回1000本とかで買ったリンクではないので、基本的に数は少ない反面関連性の高いリンク先になります。
そのサイトを見た人が次に同じような記事を探す際の導線として、有効に機能しています。

データして確かに数は少ないのですが、zenback経由のアクセスは確実にいくつかあります。
このアクセス数はzenbackが無ければ入って来なかった経路です。

通常リンクを張ってもアクセス経路として機能する事は容易ではありません。
フッターやサイドバーにあるSEO目的のリンクは大抵クリックされないのではないでしょうか?

反面記事の下部についている関連リンクはコンテクスト(文脈)にあっているばかりか、視線や関心の移動にも合致しているので興味をひきやすいはずです。
加えて、移動した先のサイトも同様のデザインでリンクが提供されているので閲覧者の学習を助ける効果もあります。

また、過去記事への導線と言う面では、何年もブログを書いている人の場合が特に有効です。
関連性さえあれば引っ張りだして来てくれますし。
実際、他のサイトの例では2007年の記事が出て来たりします。

他サイトへの関連リンクとしてこういった記事が表示されると、過去のソースを活用させる事が出来るようになります。

反面、画像の使い方がまずく白地以外のbackgroundを指定しているサイト(このブログなど)では、デザイン的な違和感を完全に消す事が出来ません。
もしも独自でデザインを全く違うものに変えられるのならば、この効果も減少したかもしれません。
ユーザビリティの面からも、有効といえます。

追記:
7/26に白以外での背景に対応していただけました。
背景色と同じ色になるので一気に違和感が無くなります。
レスポンスの早さに安心感を覚える一件です。



結び


まだ経過観察ですが、良い効果がありそうなサービスである事は断言できそうです。

ただ、やはり表示項目の数と種類の選択は重要だと思います。
全部を最大数表示すると明らかに長過ぎると思いますので。
長すぎると視認性が低下し、逆に選択の幅が広がってしまいます。
この結果、バナー忌避に近い認識を持たれてリンクを見ないような力が働いてしまうでしょう。

サイトによってちがうので一概には言えませんが、無意味に並べる事だけは避けるべきだと思います。

追記:
表示速度がかなり落ちて来たので、アクセス数表示を消してみました。
原因がこれだと決まってはいませんが、これで少しは早くなれば良いのですが...。

追記:
zenbackについて下記のブログ様が書かれています。
8/3現在、私はこの記事に賛同しています。

ブログ内の関連記事を表示する (zenback編)
:White Dragon

スポンサーリンク

2 件のコメント :

  1. 自分は関連リンクよりも関連記事にポイントを置いてますw。やはり過去ログは埋もれてしまうので。それを回避するにはzenbackはうってつけですね。関連リンクからの集客もぼちぼちありますがアク解見るとUUが多くなりました。一見さんからリピーターになってくれた感が強いですね。気のせいかもしれないけどw。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!

    関連記事も重要な機能ですね。
    埋もれた記事に日を当てる効果は期待出来ますし。

    このブログではzenback以外で関連記事を導入していますが、効果は感じられますね。

    必要な機能が入っているzenbackはサイトにとって有効なサービスに違いありませんね。:D

    返信削除