2010年8月17日火曜日

テンプレートデザイナーを使う。

スポンサーリンク

前から深夜にちょこちょこと弄っていたのですが、どうにもうまくいかなかったためテンプレートを弄る事にしました。

現在bloggerで画像を使う場合はpicasaを利用していたのですが、このpicasaがネックになりました。
picasaには1000×1000pxでもアップロードできますが、埋め込み画像リンクは800pxぐらいが限度のようです。
それ以上は引っ張って来れず、大きなサイズの背景画像用の写真は厳しい感じでした。

もっとも、理由はそれだけではありません。

大きな理由として、テンプレートデザイナーを使ってみたかったのです。



テンプレートデザイナー


テンプレートデザイナーとは、bloggerに標準で付いているデザインカスタマイズ機能です。
ちなみに操作画面はビジジュアル的にきれいで、見た目はいい感じでした。

googleの公式な説明はこちらです。


画面下部のに大きくプレビューが映し出されていますし、簡単にそのプレビューを全画面に出来ます。
テンプレートデザイナーの項目としては、大きく分けて下記の4つが有ります。

  • テンプレート
  • 背景
  • レイアウト
  • アドバンス

各項目を選択するとその中で更に細かい設定が出来きます。
それでは以下に各項目の説明を。

テンプレート


テンプレートは大枠を決める物で、他のブログのテンプレート選択と同じ感じです。

大枠で6種類あり、各テンプレートに更に3〜6種類程のバリエーションが有ります。
正直言って、bingの写真みたいなきれいなテンンプレートもあり、驚きでした。

背景


背景は比較的数の多く用意されている画像から、背景画像を選べます。

かなり便利で、テンプレートと背景画像を組み合わせると個性が出しやすいです。
大枠は良くても背景が、と言う時には重宝します。

それ以上にいい点は、デザインのメインカラーを選べるてカスタマイズできる点です。
全体の基調となるメインカラーが変更でき、その変化はそのまま全体に及びます。
このメインからが有る為に、オリジナルっぽいデザインが作りやすくなりました。

ただ、致命的な問題も有ります。
どうゆう訳か背景画像がベストサイズではなく、かなり拡大されて荒い画像になるようです。

この辺は設定で何とかなるのかもしれませんが、テンプレートで使われている画像を弄る方法が分かりませんでした。

レイアウト


レイアウトも良い機能で、細かいカラム構成が選べます。

例えばメインとサイドの2カラムで、サイドの部分を更に2カラムに手軽に出来ます。
フッターも3カラムまで増やす事が出来るため、今時のデザインが作りやすくなっています。

加えて、スライダーで全体の横幅とサイドの横幅を動かす事が出来ます。
メインを広げたい場合には全体を動かすというやり方です。

スライダーでカラムの幅を広げる感覚は、以外と楽しかったです。
普通なら、数字を手打ちで打ってブラウザで確認でしたから...。

アドバンス


ここは細かいカスタマイズが出来るところです。

いろいろと項目が有り詳細に設定は出来るのですが...。
各項目の中身がよくわからないラベルのつけ方の為、いまいち理解しづらい印象です。
プレビューで見てあそこだと決めても、どこから入って弄れば良いのか分からないとった具合です。

詳細な項目の最後に「CSSを追加」という項目が有り、ここで自由にCSSを追加できます。
ちなみに、実際に書き込まれる場所はstyleの最後のあたりです。

なお、書き込む際の手がかりとなるタグ表示等は有りませんので、予め調べて置く必要があります。

注意点


このテンプレートデザイナーには「IE6には表示も対応していない」という注意点が有ります。

便利なサービスではありますが、IE6を重視するような場合はお勧めできません。

結び


初めて実際に使ってみましたが、思いのほか高性能で満足感が高いテンプレートシステムです。

ただ、特定のテンプレートを使うと今まで使っていたガジェットと干渉する事も有るようで、私はlinkwithinを外さざるを得ませんでした。
症状としては、IE6以外のIEで見るとコメント欄がpost下部の部分に食い込んできました。
原因はテンプレートのほう有るとは思いますが、解決が出来ていないので対処療法的ですが外した次第です。

他にももしかしたら不具合が出るかもしれませんが、概ね良いシステムだと思います。
これでトラックバックが打ててyahoo!やBingにも好かれていれば、人に勧めやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿