2010年8月21日土曜日

文章量による背景色の選び方

スポンサーリンク

文章量による背景色の選び方についての記事です。

より具体的に言えば、膨張色と収縮色について、です。

以前のこのブログの基調色は背景色が青で文字色が白でした。
ここから現在の背景が白と文字が黒に変えた理由に、上記の色の問題もありました。

色の問題は考えすぎると深みにはまりますが、適度に考慮するとよいガイドになります。



色の視覚的作用


色は視覚に様々な影響を与えます。

人間が本応的に感じるような感情に訴えかける効果もあれば、錯覚を起こす効果もあります。
例えば、

  • 寒色は食欲減退。暖色は食欲増進。
  • 寒色は悲しみや安らぎ。暖色は喜びや興奮。
  • 寒色は後ろに下がって見える。暖色は前に出て見える。

等々。
より詳細に言えばここに民族性や習慣が絡んできますので、一概にはくくれない程です。
赤がめでたい色だとは限らないですから。

このような様々な色の効果の中で今回取り上げるのは、膨張色と退行色です。

膨張色と収縮色


膨張色とは、読んで字のごとく面積が膨張して見える色です。
反対に収縮色とは、面積が収縮して見える色です。

例えば、以下のような組み合わせ。

膨張色と収縮色の例1

内側の四角は、どちらが大きく見えるでしょうか?
一般的には左が大きく見えるはずです。
又は、右を見た時に外側の色が大きく見えるはずです。

具体的には以下のようなまとめになります。

  • 膨張色は明度が明るく暖色系の色
  • 収縮色は明度が低く寒色系の色

上記の特徴は図形や画像だけに当てはまる物ではありません。
文字にでも当てはまるのです。

文字色と背景色について


以前のこのブログは収縮色が背景色で膨張色が文字色でした。

色の特徴で考えると、文字が膨張して見えます。
文字のまとまりとして見ると、少ない文字数なのに少なくは見えません。
文字の面積が膨張して見える為です。

背景色と文字色を入れ替えると、逆の効果が得られます。
つまり、文字が多くても少なく見えるのです。

この事をふまえて考えると、

  • 文字が少ないブログは収縮色背景に膨張色文字
  • 文字が多いブログは膨張色背景に収縮色文字

のほうが与える印象がバランスの良いのもになります。
具体的には、こんな感じでしょうか?

この文字は膨張色。文字数が少なくても良い。反面、文字が多いとごちゃごちゃな印象を与える。

この文字は収縮色。文字数が多くても良い。反面、文字が少ないとスカスカの印象を与える。

膨張色と収縮色の例2
劇的な効果は望めませんが、補助的に有益な効果を得られるのではないでしょうか?
文字の見た目が多くていやがられたり、文字の見た目が少なくて信用度を無くしたりするリスクを軽減できる可能性があるのですから。

結び


ブログやWEBサイトの背景色に悩んだ時は、こういった色と文字の関係性を考慮すると解決しやすいかもしれません。

今回の膨張色と収縮色だけでなく、似たような効果がある進出色と退行色などの現象を1つの判断材料にする事は決して無駄ではないはずです。

取り入れる事が難しい場合も多いとは思いますが、有効であると判断できる場合には、積極的に活用しても良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

2 件のコメント :

  1. Cubismerさんこんばんは。
    「文章量による背景色の選び方」というのは意識してなかったので目からウロコでした。

    自分でも様々な背景色や文字色を試してきましたが、「背景白系・文字色黒系・リンク青系」が読みやすいのかもしれませんね。

    以前「広告はデザインに有益か?」についてコメントさせて頂きました。
    間違いなくアドセンスは「背景色は全く同じ、リンク色はサイト内の他のリンク色と同じにしてコンテンツと同化させる」以上のクリック率は得られませんでした。

    バナー広告より、テキスト広告の方が圧倒的にクリック率が高いという事からもそれは導き出せますよね。

    なんて言いながらアメブロは青くしてないのですけど(笑
    キャッシュポイント無いという(^^;

    返信削除
  2. izumiさんこんばんわ。
    コメントありがとうございます!

    読みやすい色の組み合わせは、最終的には習慣(環境に)に依存する。と考えています。
    白地の紙に黒い文字で本や新聞を読み続ければ、その組み合わせが一番良いことは自然な成り行きですし。

    もしも子供の頃から黒板みたいな文字色と背景色の組み合わせしかめないで育ったとすれば...。
    きっと、私たちとは全く違う見方をするはずです。


    アドセンスに関するデータを教えて頂きありがとうございます。
    こういうのは実践でデータを持っている方からお話を聞けると、スゴく参考になります。

    今後もブログ参考にさせて頂きますね。(^^

    アドセンスもそろそろ勉強せねば!

    返信削除