2010年8月18日水曜日

Nikon D5000の注意点

スポンサーリンク

先日購入したNikonのD5000。

本日練習もかねて空でもとろうかとファインダーを覗いたら...。

えっ!?

と思う事がありました。
他の方も気にしているかもしれないので、記事にしておきます。



ファインダーを覗くと


D5000のファインダーをのぞいて驚いたのは、電源を入れると黒い線が上から真ん中まで浮かび上がったからです。

買って数日。
おいおいおいおい不具合かい!?
と、思いました。

ネットで調べると、そういう仕様だと言う記述が見みつかりました。
ただ、複数の情報で確認をとりたかったため、ニコンのサポートに電話しました。
すると、

「電源を入れただけで線が入ることはありません」

とのご返答。
初期不良ですかと聴くもたくみにかわされ、ニコンサービスセンターにお持ちくださいとの事。

幸い梅田のヒルトンウェスト13階にあるとのことなので、早速行ってきました。
近日中に使う予定があるため、多少焦りながらですが。

結論は


ニコンサービスセンターで熟練50代!という感じの信頼できそうな方々にお話しすると、仕様ですとの事。

詳しくは、D5000だけではなくD40あたりからミラーの張り合わせ部分が見えているそうです。
電源を入れるとファインダー内が明るくなるため、鮮明に見えてしまうとか。
目のいい人が気付くらしく、何度か相談を受けたと聞きました。

D5000等のファインダーから見える黒い線の太さや濃さはまちまちのようです。
ニコンサービスセンターで説明用らしきD5000を見せて頂いたのですが、見えた線は私のD5000よりも薄く細かったです。

つまり、結論としては不良品ではないと言う事です。
もちろん、線が見えてる時点でどうなのだろうとは思いますが、被写体に集中すると確かに気にならないですし画像に反映される訳ではないので、良しとしました。

なお、実機を2店舗で確認してから買ったので、線があるのが普通とは夢にも思いませんでした。
電器屋の雰囲気と騒がしさに観察力が落ちたのかもしれず、この点反省です。

結び


大阪のニコンサービスセンターのおかげで安心できましたが、最初のサポートへの電話が問題でした。

事例としてサポートセンターの対応データに挙げておらず、確認も取れなかったようで私の言う症状は「無い」と断言された訳ですし。
今回の事もあって、今後は大阪のニコンサービスセンターにお世話になろうと決めました。

多少交通費がかかってでも安心できるところに頼みたいと言う心理は、やはり強いです。
利便性を追求する事も大事ですが最後は人対人なので、信頼感を得られるかどうかは大きな分かれ目だと実感しました。

2010.9.25追記

マニュアルをたまたま見直していたら、6pに「液晶の特性」が原因で線が見える事があると書かれていました。
ニコンサービスセンターで見てもらった際の説明と矛盾しますが...。
私のD5000は線がかなりはっきり見えたので、また別なのかも?

ただ、液晶の特性にせよ不具合とは認識されていないため、ファインダーを覗いて線が見えても修理や交換が出来ない事に変わりないでしょう。

スポンサーリンク

2 件のコメント :

  1. Twitterからはじめましてこんばんわ。
    私はここ最近家電量販店でいやな目にばっかあって買い物するのに不信感だらけです。
    安心できるところを見つけるのって大切ですね。

    上のTwitterでつぶやくのアイコン、おもしろいですね。さっそくつぶやいてみました。

    返信削除
  2. こんばんわ。コメントありがとうございます!

    家電量販店の店員は素人に毛の映えた程度と思った方が良さそうですね。
    今回のD5000の件も一切説明なかったですし。

    カメラに関しては、個人的には大阪在住なのでカメラのキタムラで買えば良かったかなと反省しています。
    家電量販店は信用できませんが、カメラ専門店は信用度が高いと感じます。

    twitterでつぶやくボタンはぜひともお試し下しい(^^
    もっとも、このブログのようにほとんどツイートされる事がないと、消したくなる事がありますが...。(><;

    返信削除