2010年9月11日土曜日

独創的な作品を作る方法

スポンサーリンク

どこで見たのか。
どこで聞いたのか。

詳細が思い出せないのですが、未だに頭にこびりついている言葉。
その言葉の意図する内容は、「独創的な作品を作る方法」でした。


独創的な作品を作る方法


独創的な作品を作るためにはどうすれば良いのか?
その答えの1つをとして、次のような言葉を覚えています。


全てを忘れるか。全てを知るか。


大学時代に頭に入って来たのは確かなのですが、その経緯はほとんど覚えていません。

多分パウル・クレーに関する事で、聞いたか教えてもらったか本を読んだかだと思うのですが...。
はっきりしません。

上記の言葉だけではあまりにもざっくりなので、説明を試みます。

子供の絵の魅力


子供の絵に魅力を感じた事はないでしょうか?
例えば子供が描く、生き生きとした線や、力強い色や、魅力ある形をみたことは?

子供が魅力ある絵を描ける理由の1つは、大人が持っている「絵に対する常識」を持っていないからです。

「絵に対する常識」とは、空は青い等の色の既成概念や、人は家より小さい等の現実的感覚です。

何かを描く時に無意識に働くブレーキが、絵の独創性を失わせていると言えます。

この問題を完全に打破し独創的な作品を作るには、全てを忘れるしかありません。

プロ芸術家の絵の魅力


芸術家の絵に魅力を感じた事はありますか?
例えば芸術家が描く、写真にしか見えない絵や、感情を呼び起こす色や、計算し尽くされた構図をみたことは?

プロの芸術家は全てを知ろうとしています。
それは自分が表現したい事柄を形にする為の、技術が必要だからです。

もちろん描画の技術だけではなく、絵の具や支持体(作品を書き付ける対象。キャンバスや紙等)まで研究をします。

全てを知って作る作品や、知ろうと探求し続ける過程で出来上がる作品こそが、独創的な魅力を持つのです。

結び


全てを忘れたり全てを極めたりする事は、現実的に不可能です。

しかし、全てを忘れなければ壊せない程に既成概念は固く、全てを極めなければならない程に技術の探求が奥深いことも事実です。

ここで、独創的な作品を作る為の現実的な方法を1つお教えします。
実際に芸術系の勉強をする際に良く目にする方法ではありますが、知らない人は知らないのではと思うので。

方法は簡単。

利き腕以外で作品を作る

です。

利き腕以外でしたら、足でも肘でも鼻でも何でもかまいません。
動物を歩かせたり水を垂らしてもかまいません。

大事なのは、自分の意図が反映し難い方法で作品を作る事です。

そうすれば、子供の絵のように既成概念に捕われない表現が可能となるはずです。

この方法の最も分かりやすい実例は、ジャクソン・ポロック氏と白髪一雄氏でしょう。
個人的には、ですが。

興味のある方はググってみてください。
面白い、もとい参考になると思います。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿