2010年9月12日日曜日

食べログに載せない権利

スポンサーリンク

ツイッターで書こうと思った内容ですが、リツイート含めて140文字では書けませんので、独り言程度に書いてみます。

対象は、食べログが提訴された件です。


情報元


最初に見た情報元はYahoo!ニュースの9/10の記事です。


その後少し調べて、佐賀新聞の記事が一番よかったのでそこも挙げます。


余談ですが、地方の情報は地方の新聞記事の方が詳細で間違いがありません。
地方紙は要らないと考えている方もいるようですが、情報の質・精度ともに高い記事を地方紙が書くことは、日常的にあるのです。
地方紙の使命を体現する実例と言えるでしょう。

内容的には以下の点が提訴の要点だそうです。

  1. 勝手に店舗の写真を撮られ、メニューを載せられた
  2. メニューや写真を変更したが変更されなかった
  3. 削除を依頼したが断られた

食べログの態度


食べログが返答したとされる内容は、一般的に見て受けいられないでしょう。
この点は私も同じです。

載せられた、あるいは載せた当事者が消せというなら消さねばなりません。

消してはいけないと判断されるとすれば、その情報は公共の利益の為に必要だという根拠がいるはずです。
犯罪を犯した企業が、その記事を削除しろと新聞社に要求するのとは訳が違うのですから。

今後に影響のある問題


食べログの問題は、今後のSNS等のWEBサービスにとって大きな問題となる判例になる可能性が高いです。

現在発展しているSNSの基礎は、ストレートに言えば勝手に様々な情報を発信することが基本だからです。

食べログに書かれている情報のように、店舗の写真やメニューを写真や文章で店の許可無くTwitterやブログに投稿しているのですから、行為としては同じです。

しかも、曲がりなりにも会社が管理運営している食べログに比べ、ブログ等は無数の個人が運営しています。
個別の対応でなく、一律の法規制が考えられてもおかしくはないでしょう。

Twitterで空き巣に狙われるなどという情報も出てきましたし、プライバシーの問題も含めて法律が関係してくる可能性は高いと言えます。

食べログの取るべき対応


個人的には、提訴した側の「メニューが変更できない」という点はよくわかりませんが...。
項目のメニューは誰かが入力したはずなので、同様に誰でも修正できるはず。

その他の要求は受け入れてしかるべきでしょう。

店舗側からの要求で写真、メニュー等の情報は削除できて当然だと考えます。

ただ、今回の要点には無いようですが、口コミに関しては根拠のない誹謗中傷でなければ消す必要はありません。
人の「評価」であり、店が直接コントロールするべき内容ではないからです。

もっとも、誹謗中傷のラインも曖昧ではあるのですが。

結び


今後新しい情報が出て、事態が根底から覆る可能性が無いとは言えません。

しかし現時点の情報で考えるに、食べログはWEB上でサービスを展開している企業としてのモラルを示すべきでしょう。

道徳上でも、商売上でも必要な事です。

最低限それが出来なければ、問題の余波は大きくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

4 件のコメント :

  1. ある店の者です。
    コメントを読んで少し安心しました。
    せめて食べログが、一括削除に応じてくれればと願っています。
    良い情報も載せて要らないので。
    「サトラレ」って映画がありましたが、人の心が読めるって怖いと思います。口コミって人の心ですから良いコメントでも、悪いコメントでも怖いです。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    匿名さんの書かれている「コメント」とは、このブログの食べログに関する別の記事に書かれた方のコメントという事でよろしいでしょうか?

    お店ごとの状況はそれこそ十人十色なので、お店の情報を隠したい事情もあるかと思います。
    であれば、その旨を確認した時点で食べログ側は何らかの対応をする必要があると思います。

    口コミは確かに恐いですね。
    リスクを考えて一切の口コミを拒否する選択肢も、あってしかるべきだと思います。

    返信削除
  3. ありがとうございます。

    返信削除
  4. また何かありましたら、ご遠慮なくコメントして頂ければ幸いです。

    ありがとうございました。

    返信削除