2010年9月19日日曜日

Bloggerのクロールエラー

スポンサーリンク

Bloggerを利用した当ブログでは、クロールエラーが頻発しています。

原因も対策も分からないのですが、基本的には焦ってもどうしようもなさそうです。
ただし、「robots.txt により URL が制限されています」の場合はですが。


クロールエラーの発見方法


この記事でいうクロールエラーとは、Googleでのエラーです。
Yahoo!ではありません。

Googleでのクロールエラーを見る為には、ウェブマスターツールへのログインが必要です。

ウェブマスターツールのクロールエラーの画面では、エラーの理由も表示されます。
エラーの理由が分かれば対応できるハズですが....。

サイトがBloggerで、エラー内容が「robots.txt により URL が制限されています」の場合は話が違います。

robots.txtによるURL制限


robots.txtによるURL制限は、robots.txtの書き換えで対応します。

しかし、Bloggerでは自動生成されるらしく、robots.txtを書き換える事は出来ません。
内容自体はウェブマスターツールで確認できますが、そこで修正しても反映されません。

つまりは、何も手が出せない部分と言う事になります。

クロールエラーの実際


このブログでは、クロールエラーが二桁出ています。

内容を見ると、クロールエラーが出ているアドレスは全てカテゴリーのページです。
他の方が同じかどうかは分かりませんが、このブログに関しては例外無くカテゴリーページです。

そして、このエラーのすべてが同じ理由、すなわち、

robots.txt によりURLが制限されています

です。

クロールエラーの対処法


それでは対処法を、と行きたいところですが対処法はわかりません。

ただひとついえるのは、待つ事のみです。

様子を見ていると、このエラーはどんどん増えて行きます。
そして、しばらくすると減って行きます。

時には0になった事もあります。

しかし、そのままではなく、再びエラーが発生して行きます。

どういうパターンなのかは分かりませんが、定期的に増減を繰り返しているようです。
この間記事の追加はしていますが、それ以外はデザインを変更していたぐらいです。

少なくとも、記事以外で定期的にブログに対して何かをしてはいません。

結び


なんだか歯切れの悪い結論ではありますが、気にしない事が一番のようです。

特定の個別記事に対してrobots.txt によるURL制限が出る訳ではないですから。
原因が分からず気持ち悪い事は確かですが、実害がないのであれば気にするだけ無駄というものです。

ただ、このエラーにまぎれて重大なエラーが出ないとも限りませんので、チェックが重要である事に変わりはありません。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿