2010年9月9日木曜日

Google DocumentでLet's make Form!

スポンサーリンク

前から気になっていたGoogle Documentでフォームを試してみました。

Google Documentは個人や組織内部での情報がたまる場所です。
直接的なインプットもアウトプットも内部に限定される事がほとんどでしょう。

しかし、Google Documentのフォームを使えば外部の生データをインプットできるようになります。
しかも手軽に。

Google Documentでフォームを作れば、簡単に多くのサイトやブログに便利なインプット機能をつける事が出来ます。


Google Documentのフォームの導入方法


Google Documentでフォームを作るには、GoogleからG-mailに入り、ドキュメントをクリックします。
するとドキュメントの管理画面が開きますので、左上の新規作成からフォームを選びます。



このような画面が開きます。
基本的には左上の「アイテム追加」でアイテムを追加していきます。

追加できるアイテムは、「テキスト」「テキスト段落」「ラジオボタン」「チェックボックス」「リスト」「スケール」「グリッド」です。

言葉で書くよりも実際に見て頂いた方が早いので、下の方にある導入実例部分をご覧下さい。

この画面はプレビューになっている為、ドラッグして位置を変えたり、鉛筆マークで編集したりと使い勝手のよい仕様です。



フォームのデザインをカスタマイズする事も出来ます。
といってもテンプレートから選ぶだけですが。

現在(2010.9.9)では100近いテンプレートから選べます。

実際にこの画面に移動するには、管理画面で「アイテムの追加」の横にある「テーマ」をクリックします。







回答結果を見るには、グラフとスプレッドシートの2つで確認する事が出来ます。

なお、デフォルトでは回答者はこの画面を見れませんが、回答後にみられるようにする事も出来ます。

その際は、管理画面右上の「その他の操作」をクリックし、プルダウンで出て来た「確認を編集」をクリックします。
この画面では回答後に表示される文言も編集できます。

実際にGoogle Documentのフォームを使ってみる


Google Documentでフォームを実際に入れてみます。

フォームの導入には2種類あり、メールでアドレスを送り専用の画面を開かせる方法と、サイトに埋め込む方法があるようです。

専用の画面は下記のリンクをクリックして下さい


埋め込む際には、管理画面右上の「その他の操作」をクリックし、プルダウンで出て来た「埋め込み」を選んでください。

ソースが表示されますのでそれを貼付けるだけです。

埋め込むとだいたいこんな感じです。
実際に使えますので、お試しにどうぞ。
ちなみに入力後の画面から、フォームへの入力結果が見れます。




なお、幅は760pxに固定されているようです。
デフォルトの高さは、何故かサイドバーが表示されるぎりぎりぐらいになるようです。

このブログでは幅が広すぎるので、フォームのソース内にあるwidthをいじりました。

項目の変化によって高さ以外の表示が変わらないため、ソースは同じと考えていいようです。
フォームの内容を変える事によるメンテは要りませんね。

便利な機能


既に前述のサンプルに出ていますが、「セクションヘッダー」と「改ページ」が「アイテムの追加」から選べます。

「セクションヘッダー」はフォーム内に区切りを入れる為のアイテムです。

「改ページ」はページ移動の後の画面を作る事が出来ます。

「ラジオボタン」タイプの選択肢に関連して選べるようです。
「ラジオボタン」を編集する画面を開けば、ページと項目を関連付けられます。

入力結果の表示


結果の表示はこんな感じです。




グラフィカルな結果を見る場合は、回答を入力後に「送信」ボタンを押し、「前の回答を見る」をクリックしてください。
グラフ化された表示を見る事が出来ます。

なお、Google Documentのスプレッドシートの画面で、「フォーム」ラベルをクリックし、「回答の概要を表示」を押すと、上記のグラフとは違う見栄えの結果を見る事が出来ます。

結び


一言で言えば非常に便利です。

なんらスクリプトを書くことなく、ソースの張りつけで導入できてしまう訳ですから。
選べる選択方法のタイプもそろっていますし。

ただ、Googleらしい問題点も感じます。

常に新しいサービスを導入しているため、いつ仕様が変わるのか分からない点です。
代替手段を用意せずにサービスの停止をすることはないかもしれませんが、今まで使えていた機能が使えなくなる可能性はあるはずです。

加えて、Google Documentでフォームの利用法として、「埋め込み」は主たる利用法では無いように感じます。

テンプレートを使う場合、幅も固定された形でデザインされているのでおかしな表示になりかねません。
「メールで送信する」ボタンは独立しているのに「埋め込む」ボタンは画面に最初から表示されてさえいません。

上記の点から考えると、埋め込みよりメールで利用することを推奨しているようです。

結果として、一時的なアンケートには使えますが、恒常的なフォームとしての導入には恐怖感が残ります。
これでは、便利さと量りにかけても通常のサイトに常設は出来ないかもしれません。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿