2010年9月21日火曜日

Nikon D3100を触ってきた

スポンサーリンク

Nikon D3100を触ってきました。

....といっても、カメラ素人の私には、ほとんど特徴が分からなかったのですが。
触れば少しは分かるレベル、ではない事を実感した事が収穫と言えば収穫。

比較対象もD5000しかありませんし。


ヨドバシでのD3100


実際に見て来た場所は、大阪梅田のヨドバシカメラです。

やはりCMの効果でしょうか?

良く目にする(気がする)CanonのEOS Kiss X4やX3の方にお客が多かったように感じます。
次いで、sonyのαシリーズに群がっていた感じです。

Nikonスペースにもお客はいたのですが、D5000やD90が人気の様でD3100にはあまり人がいませんでした。

D3100の感想


冒頭に書いた通り、有益な事は書けそうにありませんがせっかくなので。

ボタン

ボタン周りは少しずつ変わっています。

D5000などにあった連射やシングル撮影などのボタンは、モード変更ダイヤルと同じ軸に付けられています。
押すボタンではなくレバーのような方式になっていました。
現在の状態が分かりやすいです。

ライブビューの切り替えもレバーに変わっていましたが、操作感がまるでフィルムカメラのフィルム送りのような感覚でした。
ちょっと使いづらい感じです。

画面左に並ぶメニューなどのボタンは、見た目は変わりませんが押した感覚が違いました。
なんというか、押すと言うよりへこむという感じです。
押している感覚がないので、少し違和感がありました。

ガイドモード

売りの1つのガイドモード。

D3000にもありましたが、そちらを触っていないので比較は出来ません。
ですが、D3100単体で見ても分かりよい感じです。

ただ、説明書を読みつつ、ヘルプボタンで適宜情報を見ながら操作するのであれば要らない気もします。

実際、この手のガイドモードはどれほど需要があるのでしょうか?
もしも需要がそれほどないならば、この機能を削って価格を下げるか、良い部品を付けるかの方が良いと感じました。

ファインダー

やはり、他の一眼デジカメに比べて狭く感じます。

この辺りもう少し広く見える方が良いと思うのですが...。

液晶画面

個人的にD5000のバリアングル液晶はあまり要らなかったので、D3100ような普通の液晶が使いやすく感じました。

一眼はコンデジと違いぱっと出して撮る使い方ではありませんが、やはり液晶開いて、裏返して、はめ込むという工程は一手間かかると感じてしまいます。

液晶保護シールで防げない傷はあるでしょうが、頻繁に可動部分を動かす仕組みはもろさを感じてしまいます。
その点、D3100には安心感があります。

試し撮りしてみて


カメラを触ったのはヨドバシカメラ。
盗難防止装置のひも付きで、室内のうえに人も多いのであまり自由にできないのですが、少しシャッターを切ってみました。

シャッター感はやはりNikonと言う感じでCanonとは違います。

ISO感度が高くできるため、光量がなくともシャッタースピードは速くできました。
手ぶれの心配がD5000よりも更に減る気がします。

ただ、なにぶんカメラについてる液晶画面ですので、私ではいまいち画像処理能力の向上は感じ取れませんでした。
PCの画面で見たり印刷すると違うのでしょうが...。

結び


え〜。
結局あまり役に立たないレビューとなりました。
いや、レビューと書くことさえおこがましいですが。

詳細な情報は、やはり価格.comや、カメラ専門のブログさんでご確認ください。
ただ、用語がわからなかったり、型番が飛び交ったりで初心者には分かりづらいかもしれませんが。

D3100が並ぶと

D3100が店頭に並びだしたらD3000が消えたように思います。
パッと見では見当たりませんでした。

D7000の広告は既に目立つようにはられており、他の機種が消えたり値下がりするタイミングなのでしょう。
実際、D5000は値段が下がっていました。
....結構悔しい下がり方です。
5万を切る日も近いのかもしれません。

D3100は少し中途半端な気もしますので、買うならばD7000を待つ方が良いのかもしれません。
もちろん、価格の違いは大きいのですが。

2010.9.25追記

ヨドバシにてD3000の展示を確認しました。
展示場所が移動していただけのようです。


 

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿