2010年9月30日木曜日

知らないと時間を無駄にする、楽天RMSの基本。

スポンサーリンク

RMS(楽天マーチャントサーバー)は楽天市場専用の店舗運営システムです。

楽天市場に出店する際には、必ずこのRMSを利用しなければいけません。
RMSにはごくごく基本的な注意点があります。

基本な事柄なので、便利な使い方や裏技などではありません。
ですが基本的だからこそ、知らないと余計な手間がかかります。



RMSのブラウザ対応


意外と無視しがちですが、RMSはブラウザを選びます。
もっとも、店舗で使う場合にはあまり問題にはなりません。

問題なのはむしろWEB系の会社の場合です。
RMSの表示や挙動が何かおかしい場合は、ブラウザを意識すると良いかもしれません。

※以下に「推奨」と「対応」という言葉を使いますが、意味は以下の通り。
  • 推奨:楽天が最も勧める環境
  • 対応:通常利用は問題ないが、一部利用できない機能がある

OSがWindowsの場合

推奨:IE(Internet Explorer)6.0
対応:IE7.0/IE8.0/FireFox3.0.1

推奨ブラウザはIE6です。
IE6が世の中から消えない理由の1つは、IE6が業務に使われているからだと言われています。
まさに、楽天が該当しそうですね。

ちなみ、現在は改善されている気もしますが、以前はFireFoxでRMSを見る際に問題がありました。
レタリングに相当の時間がかかるのです。
IEに比べると3倍以上の時間がかかりました。

WEB系の会社はFireFoxだけでなくGoogle Chromeなどのモダンブラウザを利用している場合が多いかと思います。
無理矢理モダンブラウザで作業すると効率が悪いので、IEを使う方が効率的です。

店舗で使われるPCに関してはIEが多いと思われるので、特に問題は無いでしょう。

OSがMac OS Xの場合

推奨:なし
対応:Safari3.1.2/FireFox3.0.1

Macには推奨ブラウザすらありません。
WEB系の会社はMacを使う場合が多いので、RMSで作業する場合はWindowsの方が安全かもしれません。

2011.3.23追記
MacのFirefox4や3.6でRMSにログインすると、メニューから先に進めません。
具体的に新規受注などのリンクをクリックすると読み込みが長時間続きます。
Chromeを使うと問題はないようです。

朝5時がリミット


RMSにはパスワードによるログインが必要です。
当然ですね。

しかし、このログインは毎朝5時に強制ログアウトさせられます。
この時間に作業する方が多いとは思えませんが、もしも5時をまたぐ際は注意が必要です。

特に決済や配送などの項目を変更していると、ややこしい事になります。

RMSコールセンターは通話料が有料


RMSでわからない事を聞く際に最も役立つRMSコールセンター。

RMSコールセンターはフリーダイアルではなく有料です。
NTTコミュニケーションズの定める料金がかかるので、例えば携帯電話からかけると20秒で90円かかります。

質問と回答を行う性質上、待たされる事も多いのでのんびりしていれば電話代が無駄に増えます。

なお、固定的ではありませんが比較的つながりやすい時間帯があるようです。
各店舗が殺到しない時間帯は、15:00〜18:00頃のようです。
時間帯を選べば、初っ端から待たされる事を避けられる可能性があります。

結び


RMSは楽天のためのシステムです。

売上を上げる為に楽天でSEOを行うにせよ、広告を買うにせよ、楽天市場に参加する以上RMSを使わねばなりません。
素直に環境を整えた方が効率的です。

無理に自分の環境を押し通せばそれだけ無駄なコストがかかります。

郷に入れば郷に従え、が結論です。

RMSへのログイン

ちなみに、楽天のRMSへのログイン用URLは以下の通りです。


楽天市場関係まとめ

楽天市場関係まとめ

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿