2010年9月6日月曜日

私とブログと企業とSEO

スポンサーリンク

ブログでSEOをすることの覚え書き。
覚え書きと言っても今回は本当にメモ程度に。

ブログのSEO的な効果を考えると、ブログがあるサイトと無いサイトの関係が気になりました。

非常に個人的な経緯で書いてますので、SEOの為に有効な情報はあまりないです。



ブログの過去の位置づけ


SEOなんて言葉も知らない昔。
ブログと聞けば、日記や新着情報程度のイメージしか持っていませんでした。

プロバイダが自社でやってる1サービスで、ブログの用途としてもプロバイダの展開する日記の用途でしか考えてなかったと思います。

しばらくしてブログって無料なんだと知り、誰でも気軽に使えるものに感じました。
その頃に検索エンジンで探した際は、画像が多くペットの写真や料理の写真を載せた日記のブログが大半でした。

ちなみに、そこの頃使っていたい検索エンジンはYahoo!とプロバイダの検索エンジン(中身は覚えてません...)でした。
というか、Googleをその時は知らなかったような...。

話を元に戻して。
ブログを作る楽しみ方として、ブログランキングへの参加や多彩なブログパーツでページを装飾するなど、使い方としてライトな印象でした。

一時は携帯からの書き込みが流行り(いまもでしょうか?)、学生や有名人のブログが雨後のタケノコのごとく増えたように感じました。

そんな認識でしたので、当時を振り返ると...。

例えば企業サイトは本体が静的サイト。
そこに申し訳程度にブログがくっついているイメージがせいぜいでした。

少なくとも、ブログがSEOの場合のように重要な役割を果たすとは夢にも思わずです。

ブログの現在の位置づけ


現在ではSEOとかSEMとかのあたりをかじり、見方も変わりました。
もちろん、検索エンジンのアルゴリズム変更に対応し、SEOを取り巻く状況も変わってはいるのですが。

前述の過去話の視点は対象が個人でしたが、以下は視点を企業に移します。

さて。
検索エンジンなどの外部の状況を踏まえた上で、現在ではブログは情報発信のツールとして非常に重要になっています。

実際に使う場合で運営面を考えた際、誰でもサイトに手を加えられるメリットは量り知れません。
記事内容の作成や入力作業にはある程度の習熟が必要ですが、それでもSEにお願いしてページを作るなんて考えは無くなるはずです。

媒体の導入にかかるイニシャルコストの面からも、企業ブログとしてアメブロやFC2やライブドアブログなど、様々な無料ブログをカスタマイズして使う事も日常的に行われており有益です。

もう少しブログに求める要求が大きくなるなら、Movable TypeやWordPressなどのオープンソースを選択肢に加えられます。

利便性の点から、いつの間に非常に重要なツールになっています。
加えて、SEOやより広いマーケティング面(SEM)から考えても重要です。

SEOの視点でブログを見ると


では、SEOの視点でWEBサイトを考えるとどうなるか。
実際には、ブログ無しのサイトで実施するSEOはとても難しく思えます。

一番大きな理由は、ページ数の増加に対する問題です。
SEOではページが増えると良い効果を生むため、ページを増やす事は有効な検索エンジン対策になります。

ページの更新も重要ですが、それほど頻繁にメインコンテンツの内容が変わる企業サイトはあまりないはずです。

仮に静的な構造しか持たない企業サイトの場合、ページの追加には手間がかかります。
少なくとも、クライアント自身には難しいでしょう。

そしてこの困難さを理由にページの増加を怠れば、SEO的に有効な効果をみすみす逃がしてしまいます。

対してブログがあれば、企業サイト本体に手を加えずに簡単にページの追加ができます。
しっかりと土台(構造や方針)を作っておけば、更にスピーディーに作業できるでしょう。

また、ページを増やしながらメインキーワードに関係する有効なキーワード(スモールやミドル)を盛り込んで、ロングテールでのアクセスを狙う事も出来ます。

クライアントが行うSEOの視点から


ここで新たに「クライアント自身が継続的に行うSEO」という視点を盛り込むならば、ブログの重要度は飛躍的に高まります。

ブログの特性はページの増加だけではなく、トラックバックやコメントが使える点にも現れているのですから。
クライアントが行うSEOとして、トラックバック等が利用できる利点は非常に大きなメリットです。
一度やり方さえ覚えれば、反応を楽しみながら積極的に展開できるからです。

結果として外部リンクも増え、SEO的な効果を上げつつ、SEM的な目標を達成できるでしょう。

ここまで来るとSEOではブログが主役、と言っても良いのではとさえ思えてしまいます。
もちろん、実際のSEOは1つの方法で効果がある程簡単ではないのですが...。

結び


ブログがなければSEOは不可能か?と聞かれれば答えはNOです。

外部リンク対策や、LPOによる徹底した最適化などSEOとして出来る事は他にもあります。

ただ、外部リンク対策等などの施策とブログを導入することは相反しません。
ブログがない場合のリスクを考えると、ある方が断然良いのではないでしょうか?

ブログは日記としか考えていなかったあの頃とのギャップに、改めて驚く今日この頃です。

実は...


ここまで読んで頂いてありがとうございます。

実は、今回の記事は実験的な要素を含んで書いています。
ニッチな狙ったキーワードで検索エンジンからの流入を得られるかという内容です。
ただ、SEO関係のキーワードでは実験に向いていないとは思うのですが...。
まぁものは試しと言う事で。


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿