2010年9月20日月曜日

twitterで気にするといいかもね的な話

スポンサーリンク

twitterはこう使え!的な話は多いですが、個人的には好きに使うのが一番だと思います。

ですので、以下の内容は「気にするといいかもね」的な話です。

気をつけている人は気をつけているはずの内容で、目新しいものではありませんが。


返信する際に気をつける事


twitterで返信する際に、@マークのついた相手のアカウント名から始まるツイートになる事は、ご存知かと思います。

この@マークがつくと、返信をしたアカウントとされたアカウントの両方をフォローしていないと、第三者のTL(タイムライン)には表示されません。

つまり、ツイートした内容を見る事が出来る人が限られます。

もしも返信の内容を他の人にも見てもらいたい場合は、@の前に何かしらの文章を付ける必要があります。
簡単に言えば、RT(リツイート)の形にすれば良いのです。

ここを意識すると、返信するかRTするかの判断が自ずとできるハズです。

何となくRTと返信を使っている方は、気にしてみると良いかもしれません。

短縮URLを使うか否か


リンク先を入力する際に、選択肢は2つあります。

短縮URLにするか、そのまま入力するか。

あまりにも長くパラメーターを含むURLの場合は、文字数の問題で短縮を選ぶ場合もあります。
しかし、それとは別の基準もあります。

例えば、RTされやすさを考える場合です。
長いURLにするとRTする際にコメントが入れられません。
コメントが入れられないからRTをやめてしまうというリスクは、短縮URLを使う事で回避できます。

他には、クリック数を計測する為です。
短縮URLのサービスを利用する場合、どこのサービスでもクリック数が見られるはずです。
自分のツイートにどれほど興味を持ってもらえたかを知りたい時の、1つの指標となるでしょう。

自分をブランディング


twitterは自分自信をブランディングすることに向いています。

ブランディングについて初めて見たのは、いつも参考にさせて頂いてる@_bossさんのブログだったと思います。
内容的に濃くて実用に即していますので、気になる方は参照してください。

以下では、浅い意味でのブランディングを書いてみます。


twitterで何かをつぶやいたり、誰かに話しかけたり、なんらかの情報を提示したり。
行動も内容もいろいろです。

ここで特定の方向を強く指向すれば、簡単なブランディングが出来ます。
例えば私であればWEB系の事を中心にしています。
もっとも、有効なつぶやきがないのであんまり効果はないのですが、少なくとも「WEB系の人」ぐらいには理解してもらえます。

ツイート内容に制限を加える事で、特定のユーザー像を抱かせる。
ビジネスに使う場合は特に重要です。
信頼感を手に入れる為には、こういった地道な工程が必要であり、有効なはずですから。

個人であっても、特定の目的、例えばデザイン好きとか音楽好きとかの人と近づきたいならば有効です。
音楽好きだけれどツイート内容がプロレスばかりでは、音楽好きの方に近づく事はできません。

大量フォロー。少量ツイート。


あくまで個人的意見ですが。

ツイートが10もないのに何百もフォローしてる方は、個人的にはフォローする気になれません。
数少ないツイートがよほど有益か、それとも知人でもない限りは怪しくて仕方がありません。

twitterを楽しむ為には確かにフォローは大切ですが、がむしゃらにフォロワーを増やすとリスキーな面もあります。

特にビジネスでtwitterを使われる場合はこの傾向が強いですが、この場合は分かりやすいのでまた別です。
その会社やサービスや製品が好きなら問題ありませんし、ビジネスと最初から分かっていれば得体の知れない怪しさは軽減されます。

ビジネスなら理解はできますが、個人でされると「う〜ん」と考えてしまいます。

結び


ごちゃごちゃと書きましたが、冒頭で書いた通り基本的には好きに使う事が一番だと思います。

そんな中で自分なりの使い方が出来てくるのであれば、人様に迷惑をかけない限り何でもOKでしょう。
フォローするも、リムーブするも自由。
twitter発祥の地と違う使い方であったとしても、日本なりの使い方で良いのですから。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿