2010年9月27日月曜日

「Webライティング成功の法則60」を読んでみた

スポンサーリンク

「Webライティング成功の法則60」を読んでみました。

当初は益子さんの同分野の本を買うつもりだったのですが、何となくこちらにしました。
ぱらぱら見た感じ、知りたい事が載っていそうだったからです。


「Webライティング成功の法則60」の書誌的事項


「Webライティング成功の法則60」の著者などのです。

  • 書名:Webライティング成功の法則60
  • 著者:上原 佳彦(株式会社ミツエーリンクス)
  • 発行所:翔泳社
  • 2007.12.18 初版第1刷
  • ISBN:978-4798114309

初版第1刷が未だに残っていると言う事は、あまり売れていないと判断できます。
分野的に需要が無いのかもしれませんが。

Amazonで「Webライティング成功の法則60」を見る

感想


内容的には、「法則60」が示す通り簡潔な感じです。
各法則を見開き1ページにまとめているため、電車などで読むのにも適している程です。
現場の意見を感じますし、実践を通した言葉も見られます。

ただ、各項目の内容が薄い気がします。
実践的な内容を意図されていますが、もっと項目数を減らして深く書いて頂けるといいのにと感じました。
もちろん当初のコンセプトとずれるとは思いますが、現場の意見を取り入れるなら濃い内容の方がよいです。

この本を購入した理由の1つは、法則の説明をする間に演習問題があったからです。
本の内容に演習問題のような部分が含まれていると、俄然理解度も面白さも跳ね上がります。

しかしここが残念に感じる点にもなりました...。
数が思った以上に少なく、内容的にも満足いく物ではありませんでした。
期待感が高かっただけに残念です。

結び


結論としては、Webライティングを学ぶ際に簡潔な情報が必要な場合に役立つ本です。

だらだらと長い内容ではないので、パッと読めます。
見開き1ページで内容に区切りがつくと分かっていれば、集中力が持続しない場合でも問題が無いはずです。

反面、基礎的な深い内容を求める場合には向きません。
もっともWEBライティングの基礎部分は、一般的な文章の書き方の本を読むべきとも言えますが。
その上で本書を読む事が正解かもしれません。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿