2010年10月4日月曜日

見やすくなった楽天市場の一覧表示

スポンサーリンク

楽天市場の商品一覧ページの表示が改良されたようです。

先日までは無かったと思うので、ごく最近の改良のはず。
2010.10.2に改良を確認しました。

今回の改良点は大きな物ではありませんが、以前からの不満点ではあったので良い修正だと考えています。


商品名とキャッチコピーが分離


改良点とは、タイトルとキャッチコピーが分離した事です。
ページ作成時に頭を悩ませる点では有ったので、歓迎するべき変更でしょう。

以前の表示

以前は、キャッチコピーの後ろに商品名がくっついて、非常に見づらいデザインでした。

楽天のキャッチコピーは「送料無料」や「期間限定」が含まれ、長文になる傾向が強いです。
極端なところでは「20代の女性に大人気!厳選素材をふんだんにつかった有名パティシエ監修の絶品スイーツ」というレベルの長さもあります。

結果として、リストの一覧表示では「商品名が表示されない商品名」のアンカーテキストが誕生します。
店側にとっても、ユーザー側にとっても見にくい状況でした。

特に店舗側にとっては、キャッチコピーに対する努力が悪い方向に影響しやすい状況でした。

現在の表示

今回の改良で両者が明確に分離され、視認性が高まりました。
なぜ今までしなかったのか疑問ではありますが、改良してもらえた効果は大きいです。

商品名が明確になり、ユーザーの視認性が高まったはずです。

反面、今までよりキャッチコピーが目立たなくなったため、店によってはタイトルにコピーを詰め込む所も出るかもしれません。
SEOの為のキーワードを詰め込むところも出るでしょう。

結果的にどういった方法が良いかはまだ判断がつきません。

しかし、楽天が何故現在の形にしたかを考えると、楽天側の意向は推察できそうです。
なぜなら以前と同じようなタイトルで問題ないならば、変える必要は無かったのですから。

結び


問答無用の改修やルール変更を行うのが楽天ルール。

不満もありますが、ユーザーの視点だとこういった納得できる改修は歓迎するところです。
お店側にとっても良い効果になるといいのですが...。

データの有料ダウンロードとか、安心メールとか。
RMSに関わる改修はあまりいい印象がありませんので。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿