2010年10月19日火曜日

Googleの検索結果の表示件数を変えると順位も変わる?

スポンサーリンク

結論から言えば正確な理由は分かりませんが。

検索結果の表示件数を変えると表示結果が変わってました。

状況からすると、個人個人の検索行動に起因するのだとは思いますが...。
Googleからログアウトしてブラウザの履歴を消しても違いが出るとは。

これって当たり前の事でしたでしょうか?
それともただの不安定?


状況


Googleで出来るだけプレーンな結果が見たかったので、Googleからログアウトして検索結果を見ていました。

その際、表示件数が30件以下と50件以上で僅かに違いが出ました。

気付いたのは「このブログの1ページが表示されるかされないか」という、非常にピンポイントな違いですです。
変化の内容から考えると、他の方のPCでは恐らくこういった表示にはならない可能性が高いです。

ログインしなくても個人の利用方法の影響を受けるという話は聞いていましたが、件数の変化で表示が変わるとは思っていませんでした。

以下に具体例を挙げてみます。

検索キーワード「楽天 SEO」の場合


検索に使うキーワードとして「楽天 SEO」を入力し、10件表示にした場合が以下の状態です。



次は50件表示の場合です。



50件表示の場合の3件目に、このブログのページが表示されています。

他のキーワドの場合


念のため他のキーワードでも試してみましたが、いろいろでした。

  • 変化無し
  • 50件以上で表示が変わる
  • 20件以上で表示が変わる
  • 20件以上で同一ドメインの複数ページが表示される

使ったキーワードは今までに入力した事が無いキーワードを選んだのですが、表示結果の変化も見られました。

それとも、ただ不安定なだけなのでしょうか?

結び


これらは前からGoogleでみられる現象なのでしょうか?
あまり聞いた事が無かったのですが...。

検索順位が与える影響は今でも大きなものです。
サイトに対してよい影響がある要素の1つを特別に取り出しても、今まで以上に意味がなくなっているのかもしれません。

にしても、こういう記事を公開する時は特に緊張します...。

スポンサーリンク

2 件のコメント :

  1. ほんとですね、面白いです!
    キャッシュとクッキーを削除してから、「楽天 SEO」で10件表示と50件表示でググって比べてみたら、表示が変わっていました。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!

    私だけではなかったのですね。
    書いておいてなんですが、何度も見間違いかと思いましたので。
    安心しました。

    しかし、矛盾しますが私以外でも同じキーワードで同じように表示されるとは思いませんでした。
    原因は検索行動では無いのかもしれませんね..。

    原因が闇の中です。

    返信削除