2010年10月28日木曜日

hamachi2を使ってみた

スポンサーリンク

必要性があって、一時的にhamachi2を使ってみました。

かなり便利な代物ですが、セキュリティが不安な点も否めません。
どれほど強固だろうと、環境自体が危険なのですから。

とはいえ、便利な事であることは確かです。


hamachi2とは


hamachi2とは、VPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)を構築するサービスです。
複雑そうですが、非常に簡単に出来ます。

VPNとはその名の通りネットワークであり、ローカルネットワークのような状態をWEBを介して作り出す事が出来ます。
ファイルのやり取りが非常に楽になります。

DropBoxと違い、相手が共有化したフォルダーに直接ファイルを送る事が出来き、タイムラグはほとんど無いようです。

2つのバージョン

hamachi2には有料の商用場バージョンと無料の無料バージョンの2つのバージョンがあります。

商用バージョンは最大256台のネットワークが構築できます。
無料バージョンは最大16台のネットワークが構築できます。

商用であれば、ちょっとした組織内で使える程でしょうか。
無償は個人利用であれば十分な台数かと。

なお、無料バージョンは非商用利用に限ります。

hamachi2の導入方法


残念ながら有料バージョンをは試していないのでわかりませんが...
無料バージョンの導入方法は前述の通りとても簡単。

まずは下記のサイトにアクセス。


バージョンを選択し、マネージドの有無(ネットワークの形に関する設定)を選択。
その後hamachi2をダウンロードし、設定をして完了です。

hamachi2にNASをつなぐ際の問題点


NAS(network attached storage)とはネットワークに直接接続して使用する記録媒体のことですが、このNASを使う場合にはサーバーブリッジが必要になります。

この辺りは全然詳しくないため、必要な方は下記のサイト様をご覧下さい。
かなり大変そうに見えます...。


結び


hamachi2は便利なサービスです。

導入が簡単で、ユーザー側がするべき事はほとんどありません。
ネットワークを構築するので同期と言う概念も感覚的にあは必要ありませんし、即ファイルを別の場所にあるPCに移動できます。

ただ、PC以外のNASなどに接続する際は手間がかかります。
そもそも最初から用意されている方法では接続ができません。

より便利にと思う反面、接続できる範囲が増える程セキュリティの問題は大きくなりますので悩ましい限りです。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿