2010年11月10日水曜日

個人商店の店主さんは写真を求めている?

スポンサーリンク

個人商店の店主さんが何を求めているか?

提案する側としてはいろいろと手駒をもって臨む訳ですが、店主さんはもっと単純な要望をもっているかもしれません。

例えば、普段の業務に使えるけれど、なかなか手が回らないしうまく出来ない物事とか。


店主さんは何を求めているのか?


店主さんは業種も含めて十人十色。
しかし、意外と求めているものは同じ事が多いようです。

基本的には売上を上げる為の方策や資材全てですが、汎用性が高く効果も得られやすいものを求めています。

それは、写真です。

なぜなら、自分でチラシやPOPを作ったり、広告に載せたりできるからです。
今まで値札や文字だけで客に訴求して来た場合、店主さん自身が撮るよりも綺麗に撮れている写真は需要が高いようです。

WEBサイトの営業する際には

WEBサイトなどの営業に興味を示さなくとも、写真を絡めると興味を持って頂ける可能性が高まります。
写真であれば見た目に分かりやすくお客さんの期待に答えやすいからでしょう。

自分のWEBサイトを持つ事は新鮮で、期待感が高いものではありますが、PCなどが無いと見る事が出来ません。
しかし、写真であればポスターなりチラシなりですぐに自分でも誰にでも見られる形で使えます。

結局、目ですぐに確認できるものの方が満足が得られやすいのです。

契約や収益に関する問題で難しいとは思います。
しかし、制作時に撮影を行い、撮影をした写真を店主さんに渡すような内容にすれば食いつきが違うはずです。

もちろん、設備があるのならそのままチラシ制作を請け負うのも手です。
一カ所に発注できる方が、店主さんにも好まれます。

プロカメラマンは必要か?


欲を言えばプロのカメラマンが商品撮影を行い、魅力的な写真をとれれば最善です。
しかし、小さなお店の店主さんや中小企業ではなかなか踏ん切りがつく値段ではありません。

実際には、最終的にプロカメラマンに至るとしても、最初のはアマチュアレベルで充分だと判断するでしょう。

最低ラインはそのお店や会社の人間よりも上手に撮れる事。
このラインを満たしていれば、ほとんどの場合問題ありません。

結論としては、アマチュアカメラマンの写真が求められます。

結び


店主さん自身が求めているものは常にあるはずです。

気付いていないものを提案する事も大切ですが、求めているものを提案する事も重要ではないでしょうか?
効果がどんなに高いと考えても、いきなり最上を狙った提案はお互いにとって良い結果を生むとは限りませんので。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿