2010年11月12日金曜日

hamachi2とNASと外付けHDD

スポンサーリンク

hamachi2とNASと外付けHDDについての覚え書き。

先日使ってみたhamachi2hは、便利だけれど痒いところは痒いままのようです。
今回の痒い部分とはネットワーク内のNASの部分。

いろいろ試してみましたが、回避策を用いるしかありませんでした。


目的


今回の目的はVPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)を通して、NAS(network attached storage)のようにデータを集めて保存している場所にアクセスする事です。

hamachi2でNASを使うには、ややこしい手順が必要になるようだというところまでは前回調べました。
詳しくない人間は触らない方が良さそうな感じでしたので、今回はこの方法はパス。

その上で、ではどうしようというところです。

hamachi2とNAS

Hamachi2とは、VPNを構築するサービスです。
NASとはネットワークに接続して使う記録媒体の事です。

詳しくは以前書いたhamachi2の記事をどうぞ。

なお、セキュリティの問題でNASはWAN側には開かれてはいません。
hamachi2でネットワークを構築しても、この点はクリアされません。

ちなみに、NASでよく使われるBUFALOのLinkStationにはWEBアクセス機能があります。
通常はこのWEBアクセスを利用して、ネットを介したデータのやり取りを行うようですがどうやら処理速度が遅いようで快適ではありません。

hamachi2でNAS

hamachi2でNASを使う方法は以前の記事にも書きましたが、下記のサイト様をご覧下さい。


対応策


いろいろとNASの設定を弄ってみたりしたのですが、結局セキュリティの不安が解消されるはずも無くNASの利用をあきらめました。

そこで、以下の方法に変更。

  • 外付けHDDをネットワーク内のPCに付けて「共有」に設定する

必要なのはデータの格納場所です。
NAS程便利でないにせよ、PC内にデータを溜めておくよりは効率が良い方法だと考えました。

実際に試してみると当然ながらhamachi2を通してアクセスが出来ました。
思ったよりも処理速度も速く、問題はなさそうです。

前提条件

当然ですが、VPNのネットワーク内にあっても電源がすぐに切れる端末につけても意味がありません。
常時ついている端末が必要になります。

この点はネットワークの中心となるPCを決めて運用すれば、何とかなるはずです。
今回も1台をその役目にあてました。

同時アクセス可能人数

windowsでファイルを共有設定にした場合、同時にアクセスできる数に上限があります。
調べか限りでは下記のような数になるようです。

  • Windows XP Home:5
  • Windows XP Professional:10
  • Windows vista:10
  • Windows 7:20

無理矢理増やす方法もあるようですが、高リスクです。

結び


方法は違えど目的は達成できました。
幸い外付けHDDは値下がりしているようで、容量を数で補う事も出来そうです。

もっとも小規模ならばなんとかなりますが、大規模であればサーバーをたててデータを保管するべきでしょう。
Windows XPであればサーバーのような使い方が出来るようなので、手に入るようであれば試してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿