2010年11月1日月曜日

WEB素材の撮影に最適なカメラはNicon?Canon?

スポンサーリンク

WEBサイトに使う画像を撮る為のカメラは、NiconがいいのかCanonがいいのか。

もちろんWEBサイト用と言っても、その用途は広がりを持っていますので一概にはいえません。
たとえば、WEB用に撮影した写真を印刷して使用する場合などです。

ですが今回はWEB用に限定して、ごく簡単にどちらを使えば良いかを考えてみます。


対象となる機種


いろいろと機種はありますが、一眼デジタルカメラ入門機で最近発売された機種で考えます。
各機種とも、NikonとCanonの傾向を表していると言えるからです。

具体的にはNikonはD3100、CanonはEOS Kiss X4です。

ポイントは画素数


一眼デジカメの性能差は数多くの点で比較できます。

ISO感度の範囲や色温度の癖はもちろん、AF(オートフォーカス)の精度やスピード、ファインダー視野、液晶などなど。
本体以外でも両社の発売しているレンズの差は、かなり大きな物です。

しかし、この辺りはどちらかと言えばWEBサイトでと使う素材に対する影響に関してはあまり関係がありません。
出来上がり写真の質に関する違いであり、どちらが良いとは判断できないでしょう。

そこで重要になるのが画素数です。

画素数の違い


画素数が違えば、以下のような違いがでます。

  • 画素数が少ない程、データ量が小さく扱いやすい
  • 画素数が多い程、部分の切り抜きに強い

データ量が少ないメリット

データ量が少なければ少ない程、画像の読み込みが速く保管の際も安心です。

撮影した写真をPCで扱う事を考えると、必要以上のデータ量は邪魔になるだけではないでしょうか?
Photoshopで開く度に重い画像は、それだけでうんざりする物です。

データ量が多いメリット

データ量が多ければ多い程、部分の切り抜きの際に画質が落ちません。

WEbで写真を使う場合、パーツでの利用が多くほぼ切り抜きを行います。
切り抜きの際には画像の倍率を変える事も多く、画素数が多ければそれだけ安心して切り抜けます。

NikonとCanonどちらが良いか


画素数によるデータ量の違いを考えると、NikonとCanonを選ぶ基準が出来ます。

それぞれの画素数は以下の通り。

  • Nikon D3100は1420万画素
  • Canon EOS Kiss X4は1800万画素

最近のリリースされた機種の傾向としては、Canonは画素数の上がる傾向が非常に強いようです。
Nikonも画素数は上げて来ていますがCanonほどではありません。

撮影した画像の利用方法が固定的なら画素数が少なくても問題ないのでNikon。
画像の利用方法が流動的なら画素数が多く安全なCanon。

もっとも、極端な利用方法でなければ1000万画素もあれば十分なので、Nikonの方が扱いやすいでしょう。

おまけ

WEB用に撮影した画像を、クライアントから印刷に使いたいと依頼を受ける場合も多いのではないでしょうか?

印刷して利用する場合は画素数が物を言う場合多いので、Canonnがおすすめです。

結び


小さな違いかもしれませんが、選ぶ際の基準は多い程選びやすいものです。

必要なものさしさえ決めれば、後は並べて比較するのみ。
選ぶ事が簡単になるはずです。

画素の違いを利用の点から考える事も、ものさしの1つとして有効だと思います。

画素数が大きければ良いと言う物ではないのですから。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿