2010年12月31日金曜日

WEB系雑誌は読まれている?

スポンサーリンク

WEB系雑誌は読まれている?

出版不況は今さらのことですが、それとは別におもしろいなと感じた事を少々。
今回は緩い内容です。


紙か電子か


私個人は書籍や雑誌が好きです。
もっと言えば紙媒体が好きです。

その為、雑誌や書籍を買う事を無駄とは感じませんし、紙媒体と電子媒体で同じ本があれば紙媒体を買います。
上記のとおりなので、WEBデザインの情報を得るために紙の雑誌を買うのは自然な流れと言えます。

が、他の方はどうなのでしょう?
WEBデザイナーやプログラマーなどの方々は?

意外と読まれている?


何社かのWEB制作会社にお邪魔した事はありますが、いずれの会社にもWEB系の雑誌が置かれています。
web creators』や『Web Designing』などですね。

当然雑誌は売れないと継続して発行できないので、他のWEB系の雑誌やプログラムの雑誌などもやはり買っている人がいるはず。
ヨドバシの書籍コーナーに行くと割と数多く発行されていることが分かります。

これらの雑誌を買う方は当然WEBでも頻繁に情報を集めているわけで。
そんな方々もわりと雑誌を買っているのでしょうか?

「本なんて何年も買ってない」


知り合いのプログラマーとデザイナーの発言ですが、「本なんて何年も買ってない」と言っていました。
一応ベテランの年齢だったと思います。

買わない理由は「ネットで必要な情報が手に入るし、疑問は掲示板で聞く」から雑誌も本もいらないそうです。

もちろん個人差はありますが、職業柄を考えるとうなずける点もあります。
実際雑誌でみる情報と同等の情報はネットで探せる場合が多いですし、最新情報などは特に顕著です。

このように考えると、WEBやプログラムの雑誌などはよく出版が続くなと思ってしまいました。

SEOは別?


SEO関係の雑誌は別なようです。
といいますか、そもそも売っていないのではないでしょうか?

個人的にはSEOの雑誌で知っているのが「SEO SEM Technique」だけですが、現在は年間誌になった模様です。
他の雑誌とは同列に扱うわけにもいかないかなと。

SEOは情報の鮮度がすぐに落ちるので、SEO専門では紙媒体になりづらいとは思います。
ですが、本は出版されているんですよね...。

これも不思議と言えば不思議です。

2010.12.31追記
『SEO SEM Technique 2010』の著者の1人である鈴木氏を別の方と混同しておりました。
その為該当部分を削除し、お詫びを申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。

結び


他業界に比べて明らかにWEBでの情報集種が進んでいるにも関わらず、紙媒体の雑誌が出版され続けています。
個人的には歓迎ですが、よくよく考えるとおもしろいなと思った次第でした。

皆さんは雑誌を買われているのでしょうか?

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿