2011年1月23日日曜日

携帯電話を変えたら気をつけてほしい事

スポンサーリンク

携帯電話を変えたら気をつけてほしい事。

携帯電話を買い替える際に電話会社を変えると、変更をしなければいけないものがあります。
今回は、その1つのメールアドレスについて。


通知は迅速且つ慎重に


MNP(携帯電話番号ポータビリティ)が使われるようになってから、電話番号の引き継ぎか可能になりました。
しかし、携帯会社独自のメールアドレスは変更せざるを得ません。

このメールアドレスの変更をちゃんと周囲に教えておかないと、いろいろと迷惑がかかります。
必ず通知は迅速且つ漏れが内容に慎重に行いましょう。

迷惑の実体


なぜこんな記事を書いているかといえば、実際に私がこの事態に遭遇してまして。
私の場合携帯の私用メールアドレスは名字で登録したのですが、そのアドレスに以前同じメアドを使っていた人宛のメールが届きます。

具体的には、以下のようなメールが。

  • 銀行取引の明細発行通知
  • 友人知人のメール
  • 営業メール(割引情報とか)

幸い数は多く無いのですが...。
特に銀行取引の明細には驚きました。
発行の連絡だけで中身が見えるわけではないのですが、だからといって良いわけでもなく。

一時は、メールアドレスが二重登録になっているのかと疑ったほどです。

携帯会社の対応

上記の問題を携帯会社に相談すると、どうにも出来ないとの事。
こちらから各所に連絡して知らせるしか方法はないそうです。

そうだろうなとは思いつつも、対応が非常に面倒でした。
何処の誰とも知らぬ人の為に説明の連絡をしたわけですから。

ただ、メールアドレスの二重登録はさすがにあり得ないようなのでそこだけは安心できました。

結び


携帯を変える際に、関係を切る為にアドレスを教えない方もいるかと思います。

その場合、万が一同じアドレスが他の人に使われれば個人情報が漏れかねません。
漏らされた側もいい迷惑です。

少なくとも、他にも使われやすいアドレスの方はお気をつけ下さい。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿