2011年1月22日土曜日

楽天サーチにおける検索順位UPの1例

スポンサーリンク

先日、たまたま定期的に調べていたクライアントの商品の順位が上がっていました。

順位上昇の要因として特に目新しい事もない内容だと思います。
ただ、補強の意味はあるあるはずなので1例として。


順位上昇の要因


結論から言えば、売上とレビュー数の増加が順位アップの要因です。

何故なら、該当の商品はページを公開後に内部を修正しておらず外部からのリンクも張っていないからです。
つまり、変化の要因は上記の2つのみ。

もっとも、予想どうりの結果ではあります。
楽天は各店舗のバックグラウンドの情報を把握しているので、その部分を順位に反映させることは充分に考えられたからです。

どの程度上昇したか

商品公開時には、100〜150位の間でした。
その後50位ぐらいになり、現在は15位以内です。

商品ページの中身を変更した結果で上がる勢いよりも、売上やレビュー数が増えた結果で上がる方がより強さを感じます。
今回の上昇は数日のうちに起った事でもありますし。

売上かレビューか

今回観察していた商品は、どちらも増えた上での結果です。
そのため売上かレビューのどちらがより強い要因なのかはわかりません。

レビュー数が非常に多い商品よりも上になりましたので、単純に数や金額が増えただけでは順位は上がらないのかもしれません。
売上にしても,レビュー数に比例して売上が高いはずですからレビュー数と同様に考えられます。

はてぶの様に短期間でという条件があるのか、同時に増えたからなのか...。
こういったスピードも容易かもしれません。

なお、売上とレビュー数共に急激に増加したわけではありません。
前より売れたな、といった程度です。

注意するべき点


今回のように短期で順位が上昇したことから考えると。
他店にも同様の売上やレビューの増加がおこれば、すぐに追い抜かされることになります。

コンスタントに売れ続けないかぎりは、あくまで短期的な順位だと考えておくべきでしょう。
もっとも、売れれば売れる程より売りやすくなるシステムとも言えますが。

結び


原因が少々ぼやけていますが...。
ページを作り替えて順位を上げようとするよりも、売上を上げてレビューを増やした方が順位に好影響を与える傾向があるようです。
もちろん検索に引っかかるためには、ページ内にキーワードがあることは大前提ではあります。

楽天サーチで、テキストがほとんどない画像ばかりの商品ページが上位に表示される理由の1つとしては妥当な結論でしょう。

卵が先か鶏が先かという話になりますが。
売上を上げる為に順位を操作しようとするよりも、売上を上げた結果順位が上がる力の方が強いといえます。

楽天市場関係まとめ

楽天市場関係まとめ

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿