2011年5月14日土曜日

SEO業者の目に見えて分かりやすい選び方

スポンサーリンク

SEO業者はどこを選べば良いか分からない。
業者選びに不安を感じる事は多く無いでしょうか?

そんな時、目に見えて分かりやすい選び方があります。

SEO業者を選ぶ


SEO業者は基本的に検索エンジンの検索結果で、クライアントを順位の上位に表示させることがお仕事です。

手法として、
自社保有のサイトからリンクをはったり。
コンテンツ内容のコンサルタントをしたり。

やり方はそれぞれで、依頼する側はSEOの素人としてこれらを分からないながらも判断し、選択しなければなりません。
非常に不安な作業です。

営業メールで判断する


不安なSEO業者選びでも、目に見えて分かりやすい判断の方法があります。
それは、

営業メールで判断する』です。

どの業者がよいかという判断は出来ないのですが、どの業者がだめだという判断は出来るかと思います。

怪しい営業メール

単純に、怪しいメールをこちらに一方的に送りつける業者は選ぶべきではありません。

具体的にはタイトルや内容に以下のような内容が書かれている場合です。

  • 未承諾
  • これは営業メールではありません
  • 大変ご面倒ですが、もし今後ごこのメールが不要の場合は下部のURLをクリックしていただき、「配信停止」ボタンを押していただきますようお願い申し上げます。

こういうメールはスパムメールであり、送りつける会社はスパム行為をおおっぴらに行う業者といえます。
営業メール内に『自社開発の最新技術』や『長年の経験』など売り文句が書かれていても、そもそもスパムメールを送りつける時点で論外でしょう。

依頼した場合、どういう作業をされるかは推して量るべしです。

営業メールを送る事自体

SEO業者も営業活動を行う必要があります。
その中には営業メールももちろん含まれてしかるべきなのですが...。

ですが、しっかりとクライアントに評価される効果を上げているSEO業者であれば、こちらから問い合わせでもしなければそもそも営業メールを送りつけたりはしません。
紹介や自社サイトで集客が出来ているはずですから。

この点を考えると、営業メールを送りつけるSEO業者時点で除外と考えて良いのかもしれません。
もちろん全てがダメだと言いませんが、判断基準の1つにはなるはずです。

WEB系業者とスパム営業メール


最近あまりにもな営業メールを送りつけるSEO業者を多く見ましたのでSEO業者についてかきましたが、なにもSEO業者に限った話しではありません。
制作なども同じです。

WEB系の何らかの業者であえば、スパムメールがどういったものか認識しています。
にもかかわらずスパムメールを送りつけるのであれば、その業者はスパム行為を通常の業務でも行う可能性が高く、高いモラルなどは期待出来ません。

極論すれば、スパム営業メールを送ることで自らがスパム業者だと明言しています。
これほど分かりやすい判断方法はないのではないでしょうか?

結び


右も左もわからない中で判断するのは容易ではありません。
特にSEOなどという素人には魔法のように見える(あるいは魔法のように見せている業者が多いのか)分野に手を出す不安感は相当なものです。

しかし、良い業者を選ぶ事は難しくとも一部の悪い業者を避ける方法はあります。
消去法で全て解決とはいきませんが、少なくとも泥沼を避けて通れるだけ安心できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿