2011年7月22日金曜日

ソーシャルブックマークとソーシャルネットワークサービスの違い:メモ

スポンサーリンク

ソーシャルブックマークとソーシャルネットワークサービスの違いについてのメモ。
何となく突然(しかし中途半端に)腑に落ちたのでメモ的に。
内容的に何を今さらといった内容ですので、お暇な方だけご覧くださいませ。


ソーシャルブックマークとソーシャルネットワークサービス


SBM(ソーシャルブックマークだと長いので略します)とSNS(同じく略します)は検索エンジンにおいて評価されているらしい要素です。

影響力の有無や強弱はいろいろと考え方があるでしょうが、今まではなんとなく2つを同質の物だとイメージしていました。具体的に言えばどちらも人気投票の結果を表していると。

ですが、よくよく考えると質がまるで違うんだと今さらながらに気付きました。

ソーシャルブックマーク

SBMは文字どうりに解釈すると「栞」です。後で読み返す為のものであり、ブラウザなどのブックマークと同種です。

ソーシャルと付いているだけあって、自分の栞を共有したり相手の栞を見たり出来ます。この辺りから、相手にお勧めするためのツールというイメージを持っていました。ですが、実際問題「栞」は「栞」。基本的には個人が読み返す為の物です。

ソーシャルネットワーク

SNSは基本的に他者との関係性が根底にあります。でなければ成り立ちません。利用法としてクローズドにして何らかの目的を果たせるかもしれませんが、その使い方は基本ではないでしょう。

SNSで何らかの情報を取り入れる(TwitterでツイートしたりFacebookのウォールに登録したり)場合、それは取り入れた自分自身ではなく他者に向かっての行動なのだと思います。簡単に言えば「他の人に伝えたい」という行為です。

栞のように自分が読み返す為ではなく、周囲への伝達が目的である点はSBMとの根本的な違いです。

どちらがシグナルとして良いのか


では、検索エンジンとしてはどちらのシグナルを重視するのか。

個人の為のSBMか、他者の為のSNSか。

一見SNSの方が強い衝動による行為に思えますが、個人で読み返す情報が無益なはずもありません。結局の所私にはどうにも分からない事です。

しかし質が違うのであれば、それぞれをシグナルとして利用する方法に差異が生まれるはずです。同じには扱えないのですから。ただ、SBMがSNSのように他人に見せる為に使われる方向にシフトすると、SBMとSNSの質は近づきます。結果としてSBMの意義は薄れシグナルは弱くなるのかもしれないとも思います。

はてなブックマークへの蛇足

はてなブックマークは有力なツールです。アクセスを稼ぐには重要だそうですし(体験してないので伝聞情報として)、そもそも栞を付けて頂けるのは嬉しい事です。

このブログの記事にもいくつか付けていただいていますが、とても嬉しい事です。

反面、凄い数のはてなブックマークが付いている時のブクマコメントは、正直理解できないものも見かけます。コメント欄を読む限りでは読み返す為の栞の役目には思えないからです。

もちろんツールは道具ですから、使い方は基本的に自由です。ただ、栞になり得ない使い方が主になるのであれば、既に違うサービスです。その意味では、はてなブックマークはソーシャルブックマークではなくコメントを自由に付けるサービスに変質していくのかもしれません。

結び


今回は起承転結も無く、メモ的に書いてます。何か引っかかる所もあるのですが、形になりませんでした....。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿