2011年7月25日月曜日

Macでhostsを変更する時の覚え書き:メモ

スポンサーリンク

無駄に時間をかけてしまったので、今後の為のメモとして。
Macでhostsを変更する時にうまくいかない時の対処法。


環境


環境は以下の通り。

使用機種:iMac
OS:Mac OSX Leopard

特に内部を弄っているわけでも無い状態。基本そのままのPC。

目的


hostsにIPを書き加えて、ホスト名でアクセスできるようにする。

対象のホストはローカルではなくてグローバル。簡単に言えばネット上のサーバー内のデータを確認するための処理。

手段


Macでhostsを編集する場合はターミナルを使うか、専用のソフトを使うか。私はターミナルを使い慣れていないため、専用のソフトの使用を検討。hosterをダウンロードしてインストールする事に。

hosterは手軽にhosts管理ができるソフトで非常に便利。ソフトを起動してIPとホストのセットを作って登録すれば、あとは作ったセットにチェックを入れるだけ。即時hostsに反映させられる。

なお、反映の有無もhosterのコンソールから簡単に確認できる。

問題


hosterを使いhostsにIPとホスト名を書き加えたが、ブラウザを通してhostsにいれたホスト名ではアクセスできず。

経過1

誤字脱字のチェック。

何はともあれ入力間違いを疑う。これで解決できる同種の問題は多いはず。

経過2

変更が反映されていない事を疑いPCやブラウザを再起動。同時にキャッシュなども念のため消す。

調べを進めるとMac OSX Leopardでは再起動の必要はまず無いらしい。ので、無駄骨。

なお、hostsの反映をすぐに確認できるFirefoxのアドオンDNS Flusherを知りインストール。ブラウザ右下に現れるIPをクリックすれば変更が即時反映される。IPのチェックも簡単にできて便利。

経過3

ターミナルを起動し、pingで確認を行う。

hostsが正常に変更されているなら、ドメイン名を入れてpingを打てば設定したIPにpingを打つ様がみられる。これにより、設定がちゃんとできているかが確認できた。

経過4

最初の段階でプロキシが原因との情報をみていたが、どうもそこが怪しいと見当をつけてMacのプロキシ設定を再度確認。

プロキシを使用しているかうろ覚えだったのでとりあえず「プロキシ設定を使用しないホストとドメイン」の欄で除外設定を行う。

何となくIPを入力するも変化無し。
http://www.○○.○○と入力するも変化無し。
○○.○○と入力すると、変化あり。

解決


結論としては、プロキシの設定が効いておりhostsの変更が無効化されていた模様。早い段階で試した手段であったが、設定の把握や入力する値を間違っていた為に反映されなかった。

Macでhostsを変更する方法として今回の最短ルートは以下の通り。

  1. hosterをインストール
  2. hosterでIPとホスト名を設定
  3. プロキシ設定を使用しないホストとしてドメイン名を登録
  4. 念のためDNS Flusherを利用

結び


焦ったりいらだったりする時には、大抵基本的な間違いを見逃している場合があります。

今回もその例に漏れず非常に間抜けなミスでした。反省する事しきりです。反面、迷った分だけ周辺の知識が得られたので一概に無駄だとは言えません。hosterを入れてすぐに処理ができていたらここまで調べる事は無かったでしょう。

とは言っても間抜けなことに違いはありませんが。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿