2011年9月20日火曜日

Additional image sizesの注意点:メモ

スポンサーリンク

Additional image sizesを使った際に地味にこまったので注意点をメモ書き。
他の方には出ていない症状なのかもしれません。


画像挿入時に設定したサイズがおかしくなる


Additional image sizesは、wordpressにアップロードした画像を記事挿入する時に任意のサイズを指定できるようにするプラグイン。非常に便利な機能です。

今回Additional image sizesを使ったのですが、記事に入れ込む際の画像サイズが指定サイズではなくおかしな数値になっていました。具体的には、Additional image sizesで設定したサイズよりも小さいサイズしか選択ができませんでした。

対処方法


対処方法は分かってみれば簡単で、画像のアップロードをやり直す事で正常に利用できました。

アップ後にも適用できたことが一度だけありましたが、アップ時に設定をしている状態でなければ作ったサイズを利用できません。アップ後にサイズの指定を作ると、表示されているサイズが指定サイズよりも小さかったり、サイズが表示されても選択できなかったりという状態になります。

面倒ではありますが、アップロードのやり直しをする事でうまくいきました。

補足

いつもではないのですが、Additional image sizesで設定したサイズの比率と微妙に違う比率の画像を記事に入れる場合も表示サイズがおかしくなりました。

画像比率を直してからアップロードをし直すか、Additional image sizesのサイズ設定時に「Crop?(余分な部分を切る)」にチェックを入れるかするのが良いようです。

結び


アップロード後に何とかしようとして時間を食いましたが、一見遠回りでも再アップロードする必要があります。急がば回れ、ということでしょうか。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿