2011年9月29日木曜日

URLにドットをつけてできあがり

スポンサーリンク

先日クライアントさんにアドレスについて質問を受け、間違いを指摘した時に気付いた事です。まごうことなき小ネタです。


背景


あるサイトにアクセスしたいけれど、アクセスできないのだとメールで相談を受けました。これは単純にアドレスの記載ミスを指摘して終了でした。が、その際の間違いアドレスの最後に「 . 」(ドット:以降ドットと書きます)が入っていまして。

何気なくドットを付けてURLを叩いてみたら...目的のサイトのURLがドット付きのままで表示されました。たとえばこのブログだと「http://cubismer.blogspot.com.」でアクセスし、入力したままのアドレスで表示されます。

調査、というほどでもなく


この件をツイートすると@pacificusさんにツイートいただけまして、色々と記号を試していただけました。伺った範囲ではドット以外はダメだそうで。目的のサイトにアクセス出来ません。

私自身も何か試してみようといくつか打っているうちに「。」(読点)を何気なく入力しました。すると、かってにドットに変換されて前述のドット付きの状態のURLで表示されました。

twitterで情報をいただいて

そうこうしているうちに@valid_seoさんから以下の様なツイートをいただきました。

@valid_seo:2011-09-28 16:17:41

@Cubismer @pacificus DNS上だと最後の.はルートだから、そこからきてるんじゃないですかね?CNAME設定する時は、cname www.valid-seo.biz. って設定した気がします。

@valid_seo:2011-09-28 16:33:16

@Cubismer @pacificus え、あ、いや、PCのディレクトリと一緒ですよ。ドメインの場合はドットが区切り文字なだけ、ということかと・・・。

しっかり理解できていないのですが、根拠のあることのようでした。

結び


普段試す事すら考えない事柄でしたから、意外と面白かったです。書き間違うにしろ、最後にドットをつける間違いはまったく意識にありませんでしたので。

想像だにしない簡単な間違いが意外な結果を生むのだと実感した次第です。と、まとめるしか無い小ネタ記事でした。たまには、こういう記事もいかがでしょう?

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿