2011年11月21日月曜日

Wordpressの怪しげな笑顔の画像対策:メモ

スポンサーリンク

先日まで無かったのがいきなり表示されておどろいた。と、言う類いの事柄です。
無理やり消す方法をメモとして。


http://stats.wordpress.com/g.gifという画像


WordPressで作ったサイトの下部に怪しげなニコニコマークを発見。いままでは無かったのですが、本日と突然確認出来ました。が、今振り返ると本当に無かったのかはあやふやで...。少なくとも構築時には無かったのは確かです。

その画像とは以下の画像です。



非常にちっさいですね。でも、ちょいと不気味にみえました。
ちなみに画像はhttp://stats.wordpress.comから引っ張って来ていることがsrc="http://stats.wordpress.com/g.gif"から分かります。

消し方

調べると、2年程前にフォーラムに上げられた記事が。


早い話が、img#wpstats{display:none}と記載し、該当の箇所を非表示にする方法です。タグを扱える人なら誰でも考えるであろう荒技ですね。なかったことにしましょうと言うヤツですから。
とはいえ、実際に消えましたのでタグを特定する手間は省けました。

スマートにダッシュボードから消す方法が分からなかったので、今回は上記の方法で対応しました。

原因

一度この記事を書き上げた後に思いつきで調べてみたら、原因が分かりました。

先日導入したjetpackに関係する様です。具体的にはWordPress.com Statsを導入したら表示されるらしいです。つまりは統計を見るためにWordPress.com Statsをjetpackで設定したら表示されたと....。この要素、必要なんでしょうかね?
なお、この件は下記のブログさんで情報を得ることが出来ました。


結び


調べ直してとりあえず原因はわかりました。が、ニコちゃんマーク:)の消し方がいまいち....。力技以外もなければおかしいとはおもうので、また調べようと思います。

スポンサーリンク

2 件のコメント :

  1. その画像の表示をカウントして統計をとっているから、ではないでしょうか?

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!

    Webビーコン型のアクセス解析のための画像ということですね。その点心配はしていたのですが、現状統計が取れているので必要な要素では無さそうです。

    私の理解が間違っていて、Webビーコンの画像をdisplay:none;にしてもアクセス数が取得できるのであれば仰る通りの理由からかもしれません。

    返信削除