2012年5月11日金曜日

WEB利用よりも本業

スポンサーリンク

WEB上で話題を広げたり露出を増やしたりする方法はいろいろありますが、何も変則的な手段ばかりでもないわけで。
ごくごく当たり前ですがWEB以外に目を向けるだけで効果がある場合もありますし、そもそもそここそが一番重要ではないかなと。


WEBで話題になる


WEBで話題になりたい場合には、俗に「バズる」という状況を作り出そうする場合があります。

炎上などのネガティブな方法もあれば着眼点がユニークなプロモーションなどその手法は様々。基本的には人の興味を惹く何かしらを作り出すのかなと思います。

WEBで話題になる事自体が目的という場合もあるのですが、商売という位置にたてばそれは売上を上げる為の手段となります。それだけにお金と時間をかけて仕込むわけですね。面白い企画、より面白い企画、もっと面白い企画...。とにもかくにもWEBで広がり易いネタを作り込む。

そうして思い通りに事が運べば万々歳。

ですが、こういうWEB上のみに目を向けた方法というのはどちらかといえば枝葉なのかもしれないと思う訳です。
幹は他にあるのではと。

本業が基本


ではどこが幹なのかというと、やはり本業の部分ではないかと。
WEBにしか店舗がない場合は別なのですが、ここでは実店舗などがある場合を想定します。

例えば、新商品をだしたり、イベントをしたり、地域の催しに参加したり。「実際に動く」訳です。その結果として行動がWEBでとりあげられるという流れが一番根本ではないのかなと。
もちろん用意周到に手を回しWEBと連動させれば効果倍増でしょうが、そこに力をそそぐより「実際に動く」部分に注力したほうがいい場合が多いと思います。

実例をややボカして例示しますと。
ある食品製造の会社さんがあるとします。WEB上に会社サイトはありますがそれほどのアクセスは無く、SNSの類いもやっていないためWEB上の交流経路がほとんど無い状態です。
その会社さんが一時的に自店舗以外のお店で販売する事になり、商品を開発しチラシを刷り接客サービスを見直してその場に臨みました。

その結果、今までブログなどにとりあげられることが無かったというのに、ぽつぽつととりあげられてリンクも貼られるようになりました。

これはとても単純な話で、商圏が一時的に広がって新しいお客さんの目に触れたためです。場所が変われば人も変わりますから、新しいお店の新しい商品を見てWEBで情報をシェアしたくなったのでしょう。WEBに限らずそれこそ井戸端会議のクチコミで広がることもあるでしょうし。

このように、WEB上で仕込まなくとも話題が拡散できます。

WEBは大事だけれど


WEBで何かしらPRをと考える場合、前述の出店時になんとしてもWEBとの連動をしなければと考えるはずです。それは正しいと思うのですが、意外と足下が危ない気がします。

お店や会社がWEBを意識するには本業以外に目を向ける余力が必要で、そこにあまりリソースをとられない方が良いのではないでしょうか。
商品やサービスの質を上げたりコストを抑えたり。スピードを上げて生産量を増やしたり。新たな出店場所を探したり。そういう事に力を振り分ける方がより基盤のしっかりした事業ができるのではと思います。

スーパーでは、試食を行えばその商品が売れやすくなるといいます。これが販売の基本ではないかと。目で見るだけでわかるものは少ないのですから、お客様(ユーザー)に直sつ商品を売り込める場所が第一でしょう。
WEBはその結果としてくっついてくるという流れが自然ではないでしょうか。

WEBで話題になることばかり考えていると、この辺りの意識が飛びやすくなってはいないでしょうか。現在WEBは重要な場所ですが、本業で手を尽くさずして事業の継続がのぞめるのかどうか...。

結び


書いては見たものの、思った程まとまりませんでした。
が、書きたい核はだいたいこんな感じです。

なんといいますか。必死にWEBを利用しようとする前に「おたくの商品は売れる物なのか?」とか「おたく自身にお客を惹き付ける何かがあるのか?」とかその辺りを頑張らないとダメなのではと思った訳で。

土台を整えてから次に進むのでは他に追い抜かれて負けてしまう世の中ではありますが、追い抜いた相手がハリボテなら抜き返すのは難しくはありません。特に長期的な視野で考えている場合には、花火の様な相手は望むところでしょう。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿