2012年8月11日土曜日

雑多に記事があるなかで、アクセスのある記事ない記事

スポンサーリンク

このブログの記事は現在で380ちょい。おしらせなどの記事もふくめ、幅広く書いています。範囲を狭くすると書き続ける自信がなかったためでもありますが..。
そんな中、常時検索エンジンからアクセスのある記事ない記事には大きな違いがありましたので、メモがてらに記事にしてみます。


アクセスのある記事


このブログで最もアクセスのある記事のパターンは、やはり検索されやすいキーワードに関連する記事です。あたりまえですね。検索されないといけないので。

具体的には下記のような感じです。

  • D5000やD3000、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gなどのカメラ関連の型番
  • iOSの更新やMagic Mouseの接続トラブル
  • GoogleMapの埋め込み
  • iMacやPCの冷却
  • 楽天SEOや楽天関連

PC冷却は季節によりますし、iOSの記事はアップデートがあると流入が増えますので常時とは言えないのですが、定期的にはあるので挙げてみました。

アクセスのない記事


上に並べた記事以外はあまりアクセスがないのが実際の所です。

ソーシャル(私はTwitterしかちゃんと使っていませんが)で僅かに拡散していただけた記事もありますが、それらの記事も検索結果では埋もれていたりそもそも検索されるような内容でもありませんでした。

結び


考えるまでもなく当然の帰結を目にした訳ですが。

検索経由で安定したアクセスが欲しいなら記事の内容、といいますかサイトの内容から組み立てるのも一つの考え方ですね。

もっとも、趣味のブログやアフィリエイトで収益化を目指すサイトでもない限り自分のサイトの内容はかなり決まってきますから、その範囲内でユーザーの探している情報やユーザーに提示したい情報を載せることになるでしょう。

なお、個人的にはユーザーに提示したい自分の情報を自信を持って出せることは重要だと考えています。ユーザーに迎合、とまではいいませんが検索用のキーワードだけを見ない方がよいかなと。自信をもって自分のサービスや商品を前に出すことができれば、結果的にそのサイトや会社を個性的かつ魅力的にできると思います。

主軸はあくまで本業であり、本業を如何に露出できるかですね。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿