2013年12月23日月曜日

検索結果は結構な血みどろ具合

スポンサーリンク

逆SEOとかネガティブSEOとかリバースSEOとかの類いで、「膨大な数のリンクを対象サイトに向けてはり、検索エンジンにスパムと判定させて落とす」というのもあるようですが(体験談はないので伝聞形式)。

これを特定の視点でみれば、「リンク元を作成してリンクをはり、順位を上げる」ことの被害と同じことではないのかなぁとおもいまして、そのことについて少々。


順位は相対的なものだからこそ


簡単にいえば、「落とされる側」の視点に立てば「順位は相対的なものだから、要因でなく結果をみれば受ける被害は同じに見える」という感じでしょうか。

リンクをはって相手を落とす場合は被害という言葉にそれほど違和感がないかと思いますので、説明を省きます。

では、「自サイトの順位を上げることで生まれる被害」とはなんなのか?これも実は単純で、「特定の順位まで上がったサイトに抜かれたサイトが受けた被害」ということです。

順位が相対的なものである以上は誰かが上がれば誰かが落ちるのですから、抜かれた側が「被害」を感じてもおかしくないんですよね。「収入のために精魂込めて作り込んだサイトとリンクを潰された」という被害感は、例えばそのサイトが落ちるまで抜かれていた側でも全く同じように思うのではないでしょうか。

「積極的に落とす」という悪意の有無なんかは判断の材料になるのでしょうが、悪意があろうとなかろうと落ちた(抜かれた)側の金銭的な被害は変わりません。それでどころか、特定のサイトを落とすことで生まれる順位変動と、特定のサイトが上がることで生まれる順位変動で、ネガティブな影響を受ける範囲が大きいのはどちらなのかと考えると....。

結び


リンクによる順位操作は日常的なものです。以前に乗車時の割り込みに例えましたが、イメージとてはああいう感じでしょうか。よく見ますよね、割り込みする光景なんかは。その程度には日常的だと思うのです。
なお、検索エンジンが推奨する方法でも推奨しない方法でも、どのような手法であれ意図であれ現れる結果には変わりはありません。今後判断されるのかもしれませんが、その時点で1位となっているサイトは1位という順位が明確なだけで、「奇麗な1位」と「汚れた1位」なんて区別ないですものね。

この意味では、リンクであれなんであれ順位を操作するいとで施策を行うところはすべて同じです。

とはいえ、この辺を意識してどうなるものでもないでしょうし、利益のためには立ち止まるわけにはいかないでしょう。ただ、自分が口にする肉は家畜を殺して得た肉であるということを自覚する程度には、自分の行為を理解していたほうが良いのかもしれません。検索エンジンの順位に生活がかかっているという考えであるのであればなおのこと。落とされたり抜かされたりした相手も生活がかかってるわけですからね。

というわけで、個人的には。順位で戦う検索結果は結構な血みどろ具合だと思ってます。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿