2014年6月11日水曜日

検索結果の非固定化から考える

スポンサーリンク

SEOとか検索で少し言葉にしてまとめておきたい事柄がでてきたのでメモ。



検索結果の固定化


いろいろ考えてみましたが、検索エンジンが検索結果を固定化する必要性はないのではと思います。

「常に同じワードで同じサイトが同じ順位にないと、前に見たサイトを探せないから不便だ」という意見もあるかもしれませんが、その要望を汲み取る必要を感じません。この要望はブックマークなどで対応するべき問題だからです。

とすると、検索エンジンは検索結果を常に変動させる、といいますかバージョンアップさせ続けるということになります。

もっと言えば、複数の検索結果があってもいいのかもしれません。時間帯や地域でガラッとかえたり、そういった属性的な部分をフックにせずに、単純に多様性を求めて複数の結果を表示しても筋は通しているかと思います。

SEOの対象


順位が固定化しないどころか複数の結果が普通に存在するならば...。従来の思考では「どのワードでSEOをすればいいのか」となるかもしれません。しかし、これはそれほど悩む話ではないと思えます。

特定のワードという「点」ではなく、例えば「商材ジャンル」「ターゲットの属性」など「面」を中心に据えて検索エンジン上での露出を考えれば良いからです。

もちろん、あるキーワードでの順位自体はアクセスに関わる部分ですから重要ですしかし、そこは拘泥するべきではない部分だというだけです。

具体的な方策

実際のところ、やること自体はあまり変りないと思われます。といいますが、変えようがないような。

SEOの基本は「検索エンジンにサイトを認識させる」ことにあると思いますので、その手段としてできるのはサイトの中身を整えることしかないからです。

この時に基本となるのはキーワードの配置(ページ内レベルではなくサイトストラクチャレベル以上)でしょう。また、ページの構成要素として多様性があるほうが良いのかもしれません。根拠はありませんが、画像や動画など、テキスト以外の要素です。

ユーザーに何かを伝えようとする場合、できることは何でもしたいと考えるのは自然ですし、そのために文字を500文字から10000文字に変えるよりも、高解像度の商材写真や購買意欲をそそる動画などを使う方向になるような気がするからです。

ただ、これは順位全体から見ると効果は微妙かもしれません。シンプルなページが悪い訳ではなく、多様性という点からそれらと張り合うものでもないからです。視点としては、現状のランキング内にない要素を求める方向を模索してもよいのかもと思います。

結び


この記事は、ウェブマスターなどの運営者やサイトの制作者など、サイト全体に関与する立場の思考です。立場が変わればまたちがう視点を持たねばならないでしょう。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿