2014年7月12日土曜日

質の良いサイトとその要素の関係

スポンサーリンク

毎度ですが、思考を整理するためのメモ程度。
無秩序に追記してますので、公開直後に見られた方は違和感があると思いますが、その辺は間違い探し的に流していただけますと幸いです。


質の良いサイトとその要素


最近またGoogleが「サイトのどこを評価しているのか」というような情報が流れてきましたが...。仮にその内容からいろいろと作り出すのであれば、それはなんだか違和感のあるアプローチに思えます。

以前の松尾さんが書いておられたかと思うのですが、「検索エンジンが評価せざるを得ないサイトを作る」というアプローチと全く逆で、本質からは外れた方法といいますか。

「サイトのどこを評価しているのか」という中で説明される要素は、そのサイトをなんとか理解しようという試行錯誤の中で取り出された要素であって、この要素があれば質が高いということではないからです。

そもそもこういった要因を軸に整えられたサイトは個性が弱く1つの類型としてまとまってしまうのかもしれず、それは質が高いのではなく「低くない」というレベルにすり替わるのかもしれません。

「検索エンジンが評価せざるを得ない」ような状態にするためには?

推測にすぎませんが、「検索エンジンが評価せざるを得ない」ような状態にするためには、結局のところ「話題になる」「多くに人に見られる」というような事実が必要なのかなと思います。

単純な話なのですが、仮になにも無い状態でサイトの質が高いと判断された場合、それは既にあるアルゴリズムで検出されたわけで、今まで評価されてきた類型の中の話でしかありません。これでは「評価せざるを得ない」という状況にはそぐわないように思えます。

とすると通常のアルゴリズムとは別に検出可能なシグナルが必要になります。本来ならこれが「リンクの数や質」なのでしょうが、恣意的に操作されている現状では微妙な気がします。なので、これ以外の何らかのシグナルを発する状態でなければならない、と考えるべきかもしれません。

この辺りは、今までの記事を意識せずに買いても以前と同じ結論になりそうですので、それなりに筋の通る話なのかもしれません。あくまで私の中だけの話ですけれども。

現実として


とはいえ、SEOにおいては「検索エンジンが理解できる要素」を揃えることは直接的かつ有効な方法に違いありません。質の良いサイトの本質など考えず、ユーザーの方すら見なくても、Googleに質の良いサイトだと判断させることは可能でしょう。

被リンクに関してもそうですけれども、実際に評価要素である点を否定する意味はありません。

ただ、そこで止まるかどうかはまた別の問題であるはずです。

指示と作業

SEOの情報やら指示をうけて何かしらしようとする場合、「具体的になにをどうすればいいの!」という点で悩むことが多いかと思います。基本的にはサイトごとに具体的作業は違うので、Webに転がっている情報ではそもそも参考になりません。ただ、これはデザインなどにも言えることでありSEOが特別とはいえません。

個人的な考えですが、マイナスの要因があるなら特定して潰せばいいので、指示もおそらく具体的で作業も迷わないと思います(経験がないので推測ですが)。

何かしらのプラスを求める場合は大変かもしれません。いろいろと考えられた指示のはずで、それだけに複雑なものや理解が難しいものもありそうですし。また、作業自体は単純でもその裏にある意図や目的を理解していないとうまくできない可能性もありえます。

特に「サイトの質を上げる」などというゴールを設定した場合、対象となる「サイトの質」自体について「誰が」「何を」「どのように」評価するのかという点の共通理解が無いと難しいのではないでしょうか?

と考えますと何のことはなくて、携わる人間同士の意思疎通の問題が大きいといえる気がします。

結び


実のある結論はありませんが...。

そもそもの話として。
「質の良いサイト」がなんなのか、というのが問題ではあります。個人的にはいろいろ考えられると思いますが、少なくとも「1つの固定化した形」として表現できるモノとは考えられません。

少しだけ具体的に言うならば、SEOの文脈では検索に用いられたクエリに集約されると思いますので、その辺りから考えるのが筋かなと。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿