2015年11月25日水曜日

零細企業とWebに関する殴り書き

スポンサーリンク

興味深い記事「零細企業がインターネット集客で勝つ方法」を読んだので、メモ的に。
前にも似たようなことを書いた覚えもありますので、特に新しい話でもありません。

なお、上記記事に対する批判でも重箱の隅をつつくためでもなく、単に読んで考えた「別視点」というだけなので、お間違えのないように。

実店舗ありの零細企業の場合


個人的な認識としては、どこに対しての集客をめざしているのかが重要かなと思います。

サイトなのか。実店舗なのか。

仮に実店舗の場合、サイトは通過点というか他との組み合わせを重視した形で検討した方が良いと考えています。

極端な話、店長ブログ的なものを使ったSEOによるWeb集客は捨てて、商材や店舗情報のパンフをWebでも見れるだけという程度で小さくまとめます。

商圏内での販促活動で折り込みや、地域のミニコミ誌やクーポン誌、大手の雑誌なんかはやはり重要なので、そこで目にした内容を確認あるいは補足できる情報の掲載に絞った、核となる部分の構築にとどめるのが最小単位かなと考えられますので。

実店舗繁忙期の問題


もちろんブログやSNSであれば少数ながら濃いファンを獲得できる可能性は高く、プラス要因もあります。

しかしここで問題になるのは、実店舗が繁盛すればするほどWebに回せる時間が減る点です。
言い換えれば、実店舗が上手くいっている時ほどWeb上での動きが消えます。

例えばSNSで頻繁にメニュー写真の配信をしている飲食店が、ランチの忙しい時間はほとんど投稿しないという場面に覚えはないでしょうか?
これと同種の状況が想定されます。

集客を手間ひまがかかるブログ運営に頼っていた場合、Web集客は閑散期と繁忙期との落差が激しく、実店舗の繁忙に反比例してどんどんWeb集客の力が弱まります。
加えて、勢いがなくなったり閑散期に備えた繁忙期中にしなければならない仕込みもできなくなっていますから、失速時の勢いを止める備えにもなりにくいでしょう。

サイトは接点と中継点の一つ


基本的には、サイトはあくまでサブとして扱う方が長期的には良いように思います。

「出稿した広告の飛び先として」
「来店まえに商材をWebで確認するパンフとして」
「Web上でサイトが見つかることによる実店舗の存在証明として」

Webサイトは会社概要パンフとは違うのだとはよく言われますが、事業の中の位置づけとしてパンフとして作り扱うことが悪いとは思えません。

結び


つらつらと書いてきましたが、もちろんブログもSNSも常に活発に行うのがもっともよいと思います。
情報発信しないと人の目に触れる機会は増えませんし、露出が可能な手段は多い方がいい。

ですが、こういうことは「バズる文章をかければ解決」「有名人を使って宣伝すればいい」「TVCMを打てば膨大なアクセスが稼げる」などと同じではないでしょうか。

やれるならはやればいいですが、やれないところはやれませんよね。
なので、「ブログやSNSをフルに使ったWeb集客」を捨てる選択もあるのではと考え、この記事はこういったことがやれない場合を想定しています。
ブログを更新している時間があるなら、接客に時間を使って再来店を促したり、来店客にWeb上で話題にしてもらいやすい仕組みを考えるほうが効果があるかもしれません。

繰り返しますが、もちろんやれるならやったほうがいいです。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿