2017年5月11日木曜日

良いコンテンツは誰のためのもの?

スポンサーリンク

良いコンテンツという言葉を少しだけ詳細に説明する際に、「ユーザーが求めるコンテンツ」と続く場合があります。

以前からこの点に疑問を感じていたのでメモがてら簡単にでも文字にしておきたいと思います。

誰のためのコンテンツなのか


いきなり結論的なものですが、webサイトやその中にあるコンテンツは誰が何のために作っているのでしょうか?

「個人」が「趣味のものを大勢に見てもらうため」ということも当然ありますが、ビジネスに関わるサイトであれば以下が基本だと思います。

  • 「利益を得たい人や組織」が「コンテンツを利用して収益を上げるため」に作っている

従って第一義的には「ユーザーが求めるコンテンツ」ではなく、「コンテンツ作成者が求めるコンテンツ」だと言えます。

「ユーザーにとって良いコンテンツ」の作成それ自体が目的ではなく、「コンテンツ作成者が求めるコンテンツ」の一要因に過ぎないはずで、商売をされている方ならその辺りは当然認識されていると思います。

自らの利益とユーザーの利益

自らの利益とユーザーの利益の関係は単純なものに思えます。

  • まず自らの利益があり、それを得るためにはユーザーの利益が必要である

本音や建前などの言葉も不要で、自らの利益を第一に据えた上でユーザーの利益を求めることに違和感はないはずです。

結び


末尾になりますが。

この記事の下書は2016年前半でして、その当時の内容から攻撃的に感じられそうな部分をできるだけ削って今の形になりました。

中には無理矢理な削り方をした箇所もあり、中身が薄くグダグダになった感も否めません。

ただ、今回の具体的な内容から少し離れるのですが、主題の根底には「客だけを見て、客からだけで考えて。それが商売か?」というのがありました。

望まれた商品を作って仕入れて並べれば売上げには有効だと思います。

しかし、例えば「うまい食パンを作って売りたい」と店を始めたのに、気がつけばパンですらない流行りものだけ仕入れて売っている、というのはどうなんだろうなと。

自分が望んで流行りものを扱うなら納得もできるでしょうが、もしも客の望むものだけを見ている間に流されてそうなったのであれば。

加えて、そうなった原因がどこかの誰かが言った「ユーザーが第一です!」「ユーザーが望むものを作りましょう!」という言葉であるならば。

自分イチオシの商品で勝負したいと始めた自分の店なのですから、こういうのはあまり納得できる話ではないなと思う次第です。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿