2018年5月16日水曜日

SNSでの著作権は触れづらい

スポンサーリンク

Twitterにも気軽に投稿し難いのでここで少し。

SNSでの著作権は触れづらい


SNSとかでの著作権関連はもはや、というか結構前から言及し難くなってる。

理由はいくつかあるが、その1つはクリエイターなどの作っている側が結構アバウトなことやってるように見受けられる点。

自分に不利益にならない場合は、やってることがなんら一般人と変わりないように見受けられることが多々ある。

その割に被害を被った途端に「作ったものがこんなに酷いことされてるんです!」になる。

なにもガチガチに厳守せよとかいうことではないんだけど(具体的にどこをどう緩めるのかとか具体的なことが言えないのも問題か)、作ってる側が緩いんだから、ただただ消費してる側は認識も行為もどんどん緩くなるのが自然な流れでは。

むしろ、なぜ自分は守らず他人は守ると思えるのか。

著作物の利用は権利者の判断次第なところが大きいし、私にしてもうっかりやってしまってることがないとは言い切れないし、時代に合わせて結構改正されてて(改正まで行かずとも審議の俎上に上がったり)古い知識では役に立たなかったりするし、まぁいろいろと面倒なものではある。

のだけど、それと守ろうという意識を持たないこととは別物でしょう。

結び


今後は私や私の関係者に害が及ばなければどうでもいいや、というスタンスでいこうかと思う。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿